夏目漱石の名言(苦難を乗り越える)

2014-12-11_162924

スポンサードリンク

精神的に向上心がないものは
馬鹿だ

夏目漱石(なつめそうせき)
出典『こころ』

>>夏目漱石の名言集を読む

Amazonで探す関連書籍

【意味】

今の自分よりもっと素晴らしい自分
を作り上げようという気持ちがなく
なったら、生きがいも見出しにくく
なるだろうし、生きる気力も失せて
くる。

常に自分を鍛えておこう。

スポンサードリンク

【感想】

向上出来るかどうかはこの際
問題外ということになる。

要は、自分の可能性を追求しよう
という気持ちがあるほうが人生は
より素晴らしいものになるよと
言いたいのかもしれない。

確かに向上心がない人というのは
態度に出てしまうので、見ていて
すがすがしい感じはしない。

だらけている姿を見て素敵だなと
思う人間もそういないと思う。

ただ、向上心ばかりにとりつかれ
人を押しのけ、周囲が見えなくなる
ほどに無我夢中になりすぎている
人が魅力的かと言えば、必ずしも
そうとは限らない。

向上心に燃えている人が常に人の
求めている理想ならば、なぜに
ゆるいキャラクターで、向上心とは
真逆のタレントさんがもてはやされ
るのだろう。

きっと理由があるはずだ。

確かに人は常に前を向き、今以上の
自分を追求するという道もある。

スポンサードリンク

けれどもそれが人間世界のすべて
ではないということである。

人のやる気というのは、頑張れと
いう言葉にのみ反応するわけじゃ
決してない。

少しは休憩してもいいんだよ、という
言葉の中に奮起するきっかけを掴む
人も少なからずいるのである。

←苦難を乗り越える名言集へ戻る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

    カテゴリー

  五十音別 ことわざ

ページ上部へ戻る
QLOOKアクセス解析