名言・格言・言葉の宝石箱

昨日を越え、明日を掴み、今日を生きるあなたへ

絶望(不幸について)の名言・格言集

絶望(不幸について)の名言・格言集

 

弱虫 は、 幸福 をさえ 恐れる もの です。 棉 で けが を する ん です。 幸福 に 傷つけ られる こと も ある ん です。

太宰治( 小説家)


期待 は あらゆる 苦悩 の もと で ある。

シェイクスピア( イギリス 劇作家)


人間 には 不幸 か、 貧乏 か、 病気 が 必要 だ。 でないと 人間 は すぐ に 思い あがる。

ツルゲーネフ( ロシア 小説家)


およそ 存在 する 不幸 の 中 で 最大 の 不幸 は、 仕事 の ない 生活、 生涯 の 終わり において 仕事 の 成果 を もた ない 生活 で ある。 したがって、 また 労働 の 権利 という もの が あり、 それ が なけれ ば なら ない。 それ は、 あらゆる 人権 の 中 で 最も 根源 的 な もの でさえ ある。

ヒルティ( スイス 哲学者)


幸福 人 とは 過去 の 自分 の 生涯 から 満足 だけを 記憶 し て いる 人々 で あり、 不幸 人 とは、 それ の 反対 を 記憶 し て いる 人々 で ある。

萩原朔太郎( 詩人)


二度 絶望 する こと は ない。 二度 は 絶望 でき ない。 二度 絶望 し た と 思っ て いる 者 は、 一度 も 絶望 し て い ない。

むのたけじ( ジャーナリスト)


これ が 一生 か、 一生 が これ か、 ああ 嫌 だ 嫌 だ。

樋口一葉( 歌人)


われわれ は みな、 他人 の 不幸 には 十分 耐え られる だけの 強 さを 持っ て いる。

ラロッシュフコー( フランス 文学者)


不幸 という もの は、 耐える 力 が 弱い と 見 て とる と、 そこ に 重く のしかかる。

シェイクスピア( イギリス 劇作家)


人間 の 社交 本能 も その 根本 は、 何 も 直接的 な 本能 では ない。 つまり、 社交 を 愛する からでは なく、 孤独 が 恐ろしい からで ある。

ショーペンハウエル( 哲学者)


悲しみ は、 単独 では 来 ない。 かならず 群れ を なし て やっ て くる。

シェイクスピア( イギリス 作家)


コロンブス が 幸福 で あっ た のは、 彼 が アメリカ を 発見 し た 時 では なく、 それ を 発見 し つつ あっ た 時 で ある。 幸福 とは 生活 の 絶え間 なき 永遠 の 探求 に ある ので あっ て、 断じて 発見 に ある のでは ない。

ドストエフスキー( ロシア 作家)


人間 には、 幸福 の 他 に、 それ と まったく 同じ だけの 不幸 が つねに 必要 で ある。

ドストエフスキー( ロシア 作家)


大人 とは、 裏切ら れ た 青年 の 姿 で ある。

太宰治( 小説家)


不幸 なる 人々 は、 さらに 不幸 な 人々 によって 慰め られる。

イソップ 物語


あらゆる 不幸 や 苦痛 に際して、 いちばん の 慰め は、 自分 よりも もっと 不幸 な 人 たち を 見る こと で ある。

ショーペンハウエル( 哲学者)


誰 ひとり 知る もの も い ない 人ごみ の 中 を、 かき分け て 行く とき ほど 孤独 を 感ずる こと は ない。

ゲーテ( ドイツ 作家)


人間 として の 最大 の 美徳 は、 上手 に 金 を かき集める こと で ある。 つまり、 どんな こと が あっ ても、 他人 の 厄介 に なる なと いう こと だ。

ドストエフスキー( ロシア 作家)


すべて 慰め は 卑怯 だ。 絶望 だけが 義務 だ。

ゲーテ( ドイツ 詩人)

Return Top