名言・格言・言葉の宝石箱

昨日を越え、明日を掴み、今日を生きるあなたへ

武者小路実篤の名言・格言集

武者小路実篤の名言・格言集

この道より我を生かす道はなし、この道を行く。


幸福になるには、理想と現実の関係を知らねばならない。


他人に要求することを、先ず自分に要求せよ。


人生は楽ではない。そこが面白い。


幸福をつかむことを恐れるな。


人生と言うものは、思わぬ時に道がひらけたり、閉じたりするものだ。


金のある者は、金があるために不正をし、金のない者は、金がないために不正なことをする。


もう一歩。いかなる時も自分は思う。もう一歩。今が一番大事なときだ。もう一歩。


この世の中には色々の不幸がある。しかしその不幸からよきものを生み出そうとし、また生み出し得るものは賢い人である。


他人がどうであろうと自分さえ、ちゃんとしていればいい。するだけのことをすればいい。


自分の仕事は、自分の一生を充実させるためにある。


自分の力に合うことだけしろ、その他の事は、おのずと道が開けてくるまで待て。


結婚は早すぎてもいけない、おそすぎてもいけない、無理が一番いけない、自然がいい。


私は一個の人間でありたい 誰にも利用されない 誰にも頭を下げない 一個の人間でありたい 他人を利用したり 他人をいびつにしたりしない そのかはり自分もいびつにされない 一個の人間でありたい。


ものになるかならないかは、実に一寸したところで決まるのだ。昨日までものにならなかった人が、今日はちゃんとものになっていた、そういう事実を自分は何度か見た。


才能で負けるのはまだ言い訳が立つ、しかし誠実さや、勉強、熱心、精神力で負けるのは人間として恥のように思う。他では負けても、せめて誠実さと、精神力では負けたくないと思う。


何のためにあなたたちは、生きているのですか。国のためですか。家のためですか。親のためですか。夫のためですか。子のためですか。自己のためですか。愛するもののためですか。愛するものを持っておいでですか。


自分でも何かのお役に立つのだ。このことは喜びである。この喜びは自分の一生が、無意味でないことを示している。このことを幸福に感じるのである。


心配しても始まらないことは心配しない方が利口だ。心配すべきことを心配しないのはよくないが、それも大胆に、いじけずに心配すべきだ。


結婚するものも仕合わせだし、しないものも仕合わせだ。どっちにも人間としての喜びがある。


心の美しい者は、皆に愛されるのは事実である。そして恐らく運命にも愛されるであろう。


ものになるならないは、実に一寸した処で決まるのだ。昨日までものにならなかった人が、今日ちゃんとものになっていた。そう言う事実を自分は何度か見た。


まかぬ種子は生えぬと言うが、我等は不幸の種子をまかず、幸福の種子をまくように注意すべきである。


この世に生きる喜びの一つは、人間の純粋な心にふれることである。


人間が死ぬ時の言葉は美しいと言われているのも、人間は死ぬ時は、自分のことを考えず、あとのことを考えるからである。


僕が信用する人はどんな時でも、本音のあり場所を示す人だ。本当のことがわからない時は、わからないとはっきり言える人だ。

Return Top