名言・格言・言葉の宝石箱

昨日を越え、明日を掴み、今日を生きるあなたへ

小林一三の名言・格言集

小林一三の名言・格言集


金がないから何もできなという人間は、金があっても何もできない人間である。


己を捨てて人の夢に働くのが却って向上、昇進の近道である。


成功の道は信用を得ることである。どんなに才能や手腕があっても、平凡なことを忠実に実行できないような若者は将来の見込みはない。


自分の長所を磨くことを忘れて、無理からに常識にのみよる行動をとる若い平凡人が多すぎて困る。


百歩先の見えるものは、狂人あつかいにされる。五十歩先の見えるものは、多くは犠牲者となる。十歩先の見えるものが、成功者である。現在が見えぬのは、落伍者である。


乗る人がいなくて赤字になるなら、乗る客を作り出せばよい。それには沿線に人の集まる場所を作ればいいのだ。


誰にも夢がある。それはたとえ小さくともその夢がふくらみ花を咲かせ、立派に実るのを見るのは楽しい。


サラリーマンに限らず、社会生活において成功するには、その道でエキスパートになる事だ。ある一つの事について、どうしてもその人でなければならないという人間になることだ。


すべての事業の対象は大衆であり、どんな仕事の末端も大衆につながっている。


儲かる事業ではなく、大衆の喜ぶ事業を。


下足番を命じられたら、日本一の下足番になってみろ。そうしたら、誰も君を下足番にしておかぬ。


志を高く持ちながら、日々のことをしっかりやり遂げることが、その志に到達する最も近道である。こ

 

Return Top