名言・格言・言葉の宝石箱

昨日を越え、明日を掴み、今日を生きるあなたへ

金八先生の名言・格言集

金八先生の名言・格言集

 

立派な人にならなくてもいいの。どうか、感じの良い人になって下さい。


人間はみんな少しずつ違うのが当たり前で、それを個性と言います。


生きるというのは人に何かをもらうこと。生きていくというのはそれをかえしていくこと


これからいっさい小細工するな。正々堂々と行く以外ないんだ。たとえ金使って裏口入学したって、そんなこといつかはバレんだよ。バレなくたってそいつは心ん中で、コソコソコソコソ裏口からしか出入りできないような、そんな人生送らにゃならん


「教師」と呼ばれているのが教師ではないんですよ。生徒達から慕われているのが本当の「教師」なんですよ


人間の体の中でたったひとつだけ、絶対に年を取らないところがある。それは心の中の人を好きになるというところだけ、そこだけは決して人間、年を取りません


思いもかけないことが起きるのが、人生です。そういうアクシデントに対してどのように対応するかは、まず自分の生き方がしっかりしていなければならない

「人間」っていうのは、人と人の間で生きているから、「人間」っていうんじゃないかな。


人生は勝ち負けじゃない。負けたって言わない人が勝ちなのよ。

人を傷つけたら必ず自分が傷つくことになる。

挫折にしろ、無念さにしろ自分の能力の低さにしろ自分というものに出会ってから人生は始まる。

流儀があるとすればすべて自分が基本となる。

春の陽射しを見つけるまで、だれもが寒い旅人なんです。涙で汚れた貴方の顔に、僕は声援 送ります。

思いのままに生きられず、心に石の礫なげて、自分を苦しめた愚かさに気付く。私は悲しみ繰り返す。そうだ人なんだ。

“無理をしなくても一人一人が出来ることから関わっていくことで、色んなものが変わっていく気配を見せる。
棚からぼたもち、楽して生きる。そんな人生は、世の中に転がっていません。頭も使って耳も使って、目も使って、口も使って、手も足も全部使って人間は毎日毎日生きていくんです。

大きな志を持つ者は小さな屈辱に耐えよ、耐えられるはずだ。


わかっているのに、ついというのが、人間の弱さなんだ。だから人間は支え合って生きていく。


今日から僕はまっすぐに、矢印みたいにまっすぐに、貴方の少し前をゆき、涙を地面にさしてゆこう。
Return Top