ラ・ロシュフコーの名言と感想

2014-12-18_114940

スポンサードリンク

幸福は物事の味にあって、
物事そのものにあるのでは
ない。幸福になるのは、
自分の好きなものを持って
いるからであり、他人がよい
と思うものを持っているから
ではない。

ラ・ロシュフコー
人物紹介を読む

アマゾンで探す関連書籍

スポンサードリンク

【感想】

ブランドものじゃないと
不安で仕方ないという人
は少なからずいる。

いい品だと思って購入しようと
したものがたまたまどこかの
ブランドだったりすることは
あるけれども、ブランド品だから
欲しいという感覚がない人間には
不思議でならない。

日本人の購買意欲をくすぐるのに
良く使われるのが「皆が持って
います」「一番売れています」
「みんなが使っています」
という「みんな」攻撃がある。

こちらにしてみれば、だから何?
という程度なのだがたいていの人は
この「みんなが」という言葉に反応
するというのだから面白い。

むしろみんなと同じものは避けたい
心理が働くものにとってはこれまた
不思議でしかないことでも、人は
同じものを持つことで「人並み」
という安心を得ようとするのか。

これはおかしな心理であるが
よく使われている。

スポンサードリンク

みんなが使っているから自分も使い
たいという心理自体がわからない
けれども、それ以上にみんなが使っ
ているのだから「いい品だろう」
とか「これで私も幸福になれる」と
なぜに思えるのか、そのある意味
単純さが羨ましくさえある。

これは嫌味じゃなく本当にその
お手軽さに感心してしまう。

自分を知ることがないままに人生を
無為に過ごしてしまうと他人の評価
だけで手に入れた品々でいつか窒息
してしまわないだろうか。

余計なお世話か。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

    カテゴリー

  五十音別 ことわざ

ページ上部へ戻る
QLOOKアクセス解析