松下幸之助の名言集(人生や仕事に迷いが生じたら)

2015-01-13_014326

スポンサードリンク

社会生活は日々これ戦い、
日々これ苦難。その時に心が
動揺するかしないかは、信念
の有無で決まる。

 

自分の金、自分の仕事、
自分の財産。自分のものと
言えば自分のものだけれど、
これもやっぱり世の中から
授かったもの。世の中から
の預かり物である。

 

人生には損得を超越した一面
自分がこれと決めたものには
命を賭けてでも、それに邁進
するという一面があっても
よいのではないだろうか。

 

些細なことをおろそかにしな
心がけが人生を大きな成功
導く。

 

自分の腹は減っているのに、
持っているものを他に与える
ということは、これはこれで
大変意義のあることだとは思
うが、自分は食わないで他人
にものを与えたら、そのとき
は良くても後が続かない。
いつも他の人にものを与え
たいというのであれば、まず
自分の腹を満たしておかない
と、他に与える活動すらも
できなくなってしまう。

 

精神的には何歳になろうとも
青年時代と同じ気持ちを持ち
続けることができるはずだ。
その精神面での若さというも
のを決して失いたくないと
いうのが、かねての僕の願い
なのである。

 

多くの人々のわずかな工夫の
累積が、大きな繁栄を生み出
すのである。

 

人は、あるところでは卑劣に
行動しながら、別のところで
高徳に振る舞うことは、でき
ないのである。
その些細な心の緩みやごまか
しが、全体を蝕んでいくので
ある。人は騙せても自分自身
は騙せない。

 

自分が方向を変えれば新しい
道はいくらでも開ける。

 

人を使うには、ほめて使う、
叱って使う、批判して使う
などいろいろあるが、ほめて
使う人が概して成功している

 

売る前のお世辞より売った後
の奉仕、これこそ永久の客を
作る。

 

スポンサードリンク

 

 

 

正当以上の卑屈な努力まで
する必要はない

 


 

お互いに、自分が他人と違う
点をもっとよく考えてみよう
そして、人真似をしないで、
自分の道を自分の力で歩いて
いこう。そこにお互いの幸福
と繁栄の道がある。

 

 

志低ければ、

怠惰に流れる。

 

人間というものは気分が大事
です。気分がくさっていると
立派な知恵才覚を持っている
人でも、それを十分に生かせ
ません。
しかし気分が非常にいいと、
今まで気づかなかったことも
考えつき、だんだん活動が
増してきます。

 

誠実に謙虚に、そして
熱心にやることである。

 

虫のいいことは
なるべく考えない方がいい。

 

部下に大いに働いてもらう
コツの一つは、部下が働こう
とするのを、邪魔しないよう
にするということだ。

 

逆境もよし、順境も良し。
要はその与えられた境遇を
素直に生き抜くことである。
 
スポンサードリンク

 

誠意や真心から出た言葉や
行動は、それ自体が尊く、
相手の心を打つものです。

 

人間は本来働きたいもの。
働くことを邪魔しないことが
一番うまい人の使い方である

 

ページ:
1 2 3

4

5
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

    カテゴリー

  五十音別 ことわざ

ページ上部へ戻る
QLOOKアクセス解析