名言・格言・言葉の宝石箱

昨日を越え、明日を掴み、今日を生きるあなたへ

島崎藤村の名言集

 

 2015-03-21_165542


人の世に三智がある。
学んで得る智、
人と交わって得る智、
みずからの体験によって得る
智がそれである。

 

愛の舞台に上って馬鹿らしい
役割を演じるのは、いつでも
男だ。

 

木曽路はすべて
山の中である。

 

わきめもふらで急ぎ行く
君の行方はいずこぞや
琴花酒のあるものを
とどまりたまえ
旅人よ。

 

 

かつては「平和」のために
軍備が拡張せらぬばならぬ
と言われた。

いまは「平和」のために、
軍備が縮小せらぬばならぬ
と言われる。

「平和」がそれを聞いたら、
何と答えるだろう。

 


 

この世にあるもので、一つと
して過ぎ去らないものは無い
せめてその中で、
誠を残したい。

 

 

 

好い笑いは、暖かい冬の
陽ざしのようなものだ。
誰でも親しめる。

 

病のある身ほど、人の情の
真と偽とを烈しく感ずる
ものは無い。

 

寂しい道を歩き続けて
来たものでなければ、
どうしてそれほど
飢え渇いたように生の歓びを
迎えるということがあろう。

 

人力の限りあるを知るのが
自信だ。

 

待ち受けた夜明けは、
何もそう遠いところから
白んで来るでもなく、
自分の直ぐ足許から開けて
行きそうに見えた。
ずっと年をとってからの
日のために、雪が降ったから
茶でも飲みにお出で下さいと
言えるような、そういう老後
の友達を三、四人つくって
置きたい。

 

明日は、明日はと言って
みたところで、そんな明日
はいつまで待っても来や
しない。今日はまた、
またたく間に通り過ぎる。
過去こそ真(まこと)だ。
Return Top