名言・格言・言葉の宝石箱

昨日を越え、明日を掴み、今日を生きるあなたへ

オスカー・ワイルドの名言・格言集

オスカー・ワイルドの名言・格言集

生きるとは、この世でいちばん稀なことだ。たいていの人は、ただ存在しているだけである。


他人に何を読むべきかを教えることは、たいてい無用であるか有害かのどちらかだ。なぜなら文学の理解は、気質の問題であって、教える問題ではないのだから。


噂をされるより悪いことがひとつだけある。それは、噂すらされないことだ。


人間のことを善人だとか、悪人だとかそんな風に区別するのはばかげたことである。人というのは魅力があるかさもなければ退屈かそのいずれかである。


女は男に欠点があるからこそ愛するのだ。男に欠点が多ければ多いほど、女は何もかも許してくれる。我々の知性さえもだ。


人生には選ばなければならない瞬間がある。自分自身の人生を充分に、完全に、徹底的に生きるか、社会が偽善から要求する偽の、浅薄な、堕落した人生をだらだらと続けるかの、どちらかを。


人生は複雑じゃない。私たちの方が複雑だ。人生はシンプルで、シンプルなことが正しいことなんだ。


わずかばかりの誠実さは危険、度を越した誠実さは致命的。


本心を言えないような友情の美点とは何か?誰だっていいことを言ったり喜ばせたり、お世辞を言ったりできるのだ。でも真の友人はいつも不快なことを言って痛みを与えるのもいとわない。


定義するということは限定することだ。


楽観主義者はドーナツを見、悲観主義者はドーナツの穴を見る。


戦争では強者が弱者という奴隷を、平和では富者が貧者という奴隷をつくる。


教育は結構なものである。しかしいつも忘れてはならない。知る価値のあるものは、すべて教えられないものだということを。


一貫性というのは、想像力を欠いた人間の最後のよりどころである。


他人の悲劇は、常にうんざりするほど月並みである。


友人の苦難に同情することは誰にでもできるが、友人の成功に同感するには大変優れた性質が必要だ。


世の中には不正よりもさらに悪いものがある。それは、力を持たない正義である。


道徳は、我々が個人的に好かない人たちに対してとる態度だ。


絶対的に非難できない唯一の嘘の形態は、己自身のために嘘をつくことだ。


私たちは、不必要なものだけが必需品である時代に生きている。


教育は結構なものである。しかしいつも忘れてはならない。知る価値のあるものは、すべて教えられないものだということを。


ほとんどの人々は他の人々である。彼らの思考は誰かの意見、彼らの人生は模倣、そして彼らの情熱は引用である。

→ こちらも オスカー・ワイルド名言集

Return Top