若い時の苦労を買うてせよ

2014-12-13_012342

スポンサードリンク

若い時の苦労を
買うてせよ

【意味】

苦労は辛いだけで面白くもない。

できれば避けたいというのが人情
である。

しかし苦労すればそれだけ成長
するのだ。

若い頃に自分から進んで苦労して
いれば、それだけ得るものがある。

 

スポンサードリンク

 

 

【感想】

解釈は違うかもしれないけれど、
どうせするなら早いうちに苦労
したほうがいいという気は確か
にする。

世の中には全く苦労せずに生涯を
送る人も稀にいるけれども、大抵
は多かれ少なかれ苦労の味を知る
ことになる。

老年になってからの苦労よりは、
再起できる力と時間のある若いとき
に体験したほうがいい。

苦労の免疫力をつけておけば、
その後の対処法も身についているし
回避する知恵も備わり大事に至らず
に済むかも知れない。

スポンサードリンク

ただ、しなくていい苦労はしなくて
いいと個人的には思いもする。

←苦難を乗り越える名言集へ戻る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

    カテゴリー

  五十音別 ことわざ

ページ上部へ戻る
QLOOKアクセス解析