森本薫の名言(元気が出る)

2014-12-15_151647

スポンサードリンク

人間という奴は何かやると
必ず間違いをしないでは
いられないらしいな。

まるで間違いをするため
に何かするみたいだ

森本薫(もりもとかおる)
出典『女の一生』

Amazonで探す関連書籍

【意味】

間違えるからこそ
人間なのだろう。
だからといって間違いを繰り返して
いたのでは人間失格。

間違いから学ぶことこそ
重要なのだ。

スポンサードリンク

【感想】

何度いっても同じ失敗を繰り返す
人というのはいる。

見ているこちら側としては、
何があったらこれほど同じ間違い
が続くのだろうかと、怒りより、
呆れて物が言えなくなる。

間違えたことそれ以上に、最初の
間違いから何も学習していない
その態度に業を煮やす。

あの人はまったく反省していない。
でなければどうして同じ失敗を
ああも何度も繰り返すのかと
単純に腹が立つのだ。

間違えるほうにも言い訳があるの
だが、何百回、どれほど上手い
言い訳をしようが次にそれが改まっ
ていなければ、何も聞いてなかった
と判断されてしまうだろう。

 

スポンサードリンク

私の知る限り、同じ失敗を繰り返す
人は事態を重くみていないか、その
ことで失うものについて興味も関心
も執着もないのだろうと見ている。

どう解釈されても構わないという
のならそれでもいいのだろうが、
失いたくない人や仕事の場合、
同じ失敗を繰り返さないよう
必要なら反省をして次に生かす
心が大事である。

⇒ 元気が出る名言集へ戻る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

    カテゴリー

  五十音別 ことわざ

ページ上部へ戻る
QLOOKアクセス解析