宮本武蔵の名言(苦難を乗り越える)

2014-12-11_174938

スポンサードリンク

千里の道もひと足ずつ
  はこぶなり

宮本武蔵(みやもとむさし)
出典『五輪書』

Amazonで探す関連書籍

【意味】

長い道のりでも一歩ずつしか
進まない。

取り組むものが膨大でも、
先が見えなくても一歩ずつ進んで
いけばいつかは辿り着くだろう。

スポンサードリンク

【感想】

完成された姿を見ると、
とてもこんなものは作れない、
続けられないと思ってしまう。

けれども確かに、最初からの
完成品など存在しない。どんな
巨大な建造物であっても、最初は
砂のひとかきということになる。

結果が見えないと気持ちばかりが
焦り、この道は自分には合わない
のではないかとか、こんなことを
していても結局なんにもならない
のじゃないかと不安になるが、
それを言いだしたらおそらくこの世
に何一つ創造物は出来上がらなかっ
ただろう。

スポンサードリンク

耐え忍んだ歳月、耐え忍んだ人々、
そういう人々の必ず成し遂げると
いう意思が、この世界を輝かせて
いるのかと思うと涙が出てくる。

急いでいるならなおのこと、
今この一瞬の所作に全神経を集中
させることが大切だということ
にもなるかもしれない。

今の連続だけが現実なのだ。

←苦難を乗り越える名言集へ戻る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

    カテゴリー

  五十音別 ことわざ

ページ上部へ戻る
QLOOKアクセス解析