マーティン・ルーサー・キング・ジュニアの名言と感想

4520000094_e96e4a03ef_z

スポンサードリンク

 

 マーティン・ルーサー・キング・ジュニア

私には夢がある。私の4人の
子どもが
肌の色によってでは
なく、
人格の如何によって
判断される国に
住む日が来る
だろうという夢だ 

I have a dream that my four children will one day live in a nation
where they will not be judged by the color of their skin but
by the content of their character.

プロフィールを読む

●感想●

外見なんて関係ないよは眉唾だ。
どう考えても外見で選んでますよね
という場面はそこかしこにある。

スポンサードリンク

就職試験ひとつとっても、お見合い
にしても、外見が無関係ですとは
とても言い難い。

ならば、なぜに履歴書に写真を貼る
必要があるのか。

もちろんどんな人物か知らないより

は百聞は一見に如かずの部分がある
からだろうし、もし仮に二人の女性
が採用に関して同じ点数で、しかし
一人しか入れない枠だったとしたら
写真が威力を発揮するのだろう。

見た目である。

これは嘘偽りなくそうだと思う。

なかには綺麗すぎて職場の風紀を
乱すからこの人は断ろうという
レベルの人も万に一人はいるかも
しれないけれど、大概は容姿のいい
(感じがいい)ほうが採用に有利
になるのが偽らざる姿である。

ましてや人種の違いとなれば、
それこそどれだけの偏見の壁を
通らなければいけないのだろうかと
思ってしまう。

能力もある、才能もある、心もよく
未来もある。

しかし肌の色だけがみんなと違う。
そんなことで一度きりの人生を
あきらめなければならない人間の
気持ちをどれほど理解できるか。

 

スポンサードリンク

盲導犬にフォークを刺すような卑劣
さがまかりとおる世の中にあっては
どんな差別が生まれても何の不思議
もない。

by ザーゼン

 

↑ Amazonで探す関連書籍

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

    カテゴリー

  五十音別 ことわざ

ページ上部へ戻る
QLOOKアクセス解析