ジョサイア・ギルバート・ホランドの名言と感想

2014-12-18_155807

スポンサードリンク

労働は生きるための手段で
あって、生きることではない

ジョサイア・ギルバート・ホランド

 

【感想】

世の中には本末転倒なことが
ごろごろある。

その中のひとつに、
職業と人生がある。

スポンサードリンク

生きるために仕事を得たはずが、
仕事で昇進するため命を失うことも
いとわない。

そう思えるような働き方に変化
する人は決して少なくない。

家族との時間を増やしたい、
家族に美味しいものを食べさせ、
みんなで温泉旅行に行きたい。

なのに、仕事なんだから仕方ないと
家族が生死をさまよっていてさえ
会議に出ようとする人もいる。

残業しなければみんなとの協調性
を疑われる、あるいは仕事なのだ
から家族と別れて単身アフリカへ
旅立つことも断れない。

本当にそれでいいのだろうか。

家族と五、六年別れるだけでも
首をひねるけれども、人生の殆ど
すべての時間を仕事に奪われ、
家族の成長も歴史にも参加しない
で、それでいい人生だった何の
後悔もないと本気で心の底から
思えるのだろうか。

スポンサードリンク

何かが間違っているとしか
思えない。

家族の危機に関われず、食事も
囲めないような仕事なら、その
仕事そのものの継続を疑うのが
本当ではないだろうか。

あなたが仕事を始めたのは自己
実現のためか。

ならば、家族を持たなければいい。

家族の幸せのため、生きるための
手段としての仕事であったことを
一体いつになったら思い出すのだ
ろう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

    カテゴリー

  五十音別 ことわざ

ページ上部へ戻る
QLOOKアクセス解析