萩原朔太郎の名言集(人間関係に悩んだり迷ったら)

2015-03-09_214333

スポンサードリンク

萩原朔太郎

1886年~1942年、享年55歳。
日本の詩人、群馬県出身。
さらなる人物紹介を読む。

~萩原朔太郎 名言~

全ての場合を通じて、
恋愛は忍耐である。

 

最も親しき友人といふものは
常に兄弟のやうに退屈である

 

自殺の霊魂は不死である、
ただし地獄に於いて

 

結婚の利益は、女性の本質
を知ることであり、
結婚の損失は、女性への幻滅
を知ることである。

 

すべての家庭人は、人生の
半ばをあきらめて居る

 

酒は文明に対する一つの
風刺である。

 

どんな真面目な仕事も、
遊戯に熱している時ほど
には、人を真面目に
し得ない。

 

スポンサードリンク

 

 

詩はただ、病める魂の所有者
と孤独者との寂しいなぐさめ
である。

 

五月の朝の新緑と薫風は
私の生活を貴族にする。

 

都会の生活は非人情であり、
そしてそれ故に、遥かに
奥ゆかしい高貴の道徳に
適っている。

 

懺悔者の背後には
美麗な極光がある。

 

幸福人とは過去の自分の生涯
から満足だけを記憶している
人々であり、不幸人とはそれ
の反対を記憶している人々で
ある。
 
スポンサードリンク
どんな妻たちも、決して
夫のためには化粧しない。

 

もっとも親しき友人という
のは、つねに兄弟のように 
退屈である。

 

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

    カテゴリー

  五十音別 ことわざ

ページ上部へ戻る
QLOOKアクセス解析