足利尊氏の名言(人間関係編)

2014-12-09_221629

スポンサードリンク

他人の悪を能く見る者は、
己が悪これを見ず。

足利尊氏(あしかがたかうじ)
出典『等持院御遺書』

Amazonで探す関連書籍

【意味】

人の欠点ばかりを探し出す人は、
逆に自分の欠点に気づかないもの
である。

人の欠点が気になりだしたら、
自分を見つめ直してみよう。

非は自分にあるかもしれない。

スポンサードリンク

【感想】

とてもではないけれど、

自分のことを棚に上げなければ
人の欠点など何も話せやしない。

欠点のない人間などいないわけだし、
いたとするなら、それは欠点がある
ことを認めない、あるいは気づかない
人ということになる。

人は欠点が自分にないと思うから
人の欠点を笑うわけじゃなく自分に
欠点があるのを承知しているから、
そこに集中したくないから他人の
欠点について話しているのではない
かと思う。

スポンサードリンク

だから人の欠点ばかりを口にする人
を見たら、人一倍自分自身が欠点の
多い人なんだなと思えば、温かい目
で流すことができる。

⇒人間関係に役立つ名言集に戻る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

    カテゴリー

  五十音別 ことわざ

ページ上部へ戻る
QLOOKアクセス解析