悪貨は良貨を駆逐する

2015-04-16_163000
スポンサードリンク
悪貨は良貨を
駆逐する

【解説】
サー・トーマス・グレシャムは
16世紀のイギリスの貿易商人で
ある。彼が王様に財政上のアドバイス
を行った際の手紙の中の一文と伝え
られる。

スポンサードリンク

【解釈】

二種類の五百円硬貨があるとする。
同じように五百円の交換価値は
認められているが、いっぽうの
五百円効果の金の含有量が多い
とする(良貨)。そうすると
人々は同じ五百円でも、金の含有量
が多いほうを滞蔵して、少ない方
(悪貨)を先に使ってしまおうと
する。

スポンサードリンク

※この言葉には
「朱に交われば赤くなる」という意味
同様に、悪い友人が入ると、どうも
そちらの方に傾斜しやすいという
訓戒も含まれている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

    カテゴリー

  五十音別 ことわざ

ページ上部へ戻る
QLOOKアクセス解析