山田太一の名言

2014-12-07_154943

スポンサードリンク

 

短い間誰かに夢中になるとい
うことはだれにでもある。
しかし、長くひとりの人間を
愛し続けるということは、
ほっといてできることでは
ない。

山田太一(やまだたいち)

Amazonで探す関連書籍

人物紹介を読む

【意味】

愛は貫くことに意義がある。

スポンサードリンク


一人の人間を愛し続けるには
それなりの努力が必要。

自分の要求が満たされないと
気持ちが冷めてしまうような
自分勝手な愛ではとても続かない。

【感想】

夢中になることと、愛することとは
そもそも根っこが違うように思う。

夢中になるということは、夢の中、
自分が好きに想像できる範囲内で
好きという意味に取れる。

しかし愛するということはもっと
現実的であり壮絶であり、犠牲を
払うものだ。

短期間ならば欠点や短所も気に
ならなくとも、長い期間になれば
その人の癖や習慣というものが
露呈し始める。

スポンサードリンク

それでも夢中になれるなら、それ
は愛に変わった瞬間かも。

⇒他の結婚に関する名言に戻る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

    カテゴリー

  五十音別 ことわざ

ページ上部へ戻る
QLOOKアクセス解析