梅崎春生の名言

2014-12-10_013618

スポンサードリンク

オセッカイこそ人間が生きて
いることの保証である

梅崎春生(うめざきはるお)
出典『ボロ家の春秋』

Amazonで探す関連書籍

【意味】

社会正義や愛から行為するのではなく、
でしゃばり精神からではないか。

お節介こそが人と人を結びつけて
いるのかもしれない。

スポンサードリンク

【感想】

そのお節介が激減してきているから
現代は人間が孤立しているのだろう。

けれども、お節介が嫌いな人には
都合のいい部分もある。

お節介というのはそもそもが余分な
行為である場合が多いので容易に
受け入れがたいものがあるけれど、
お節介がなければ命を失っていた
り、誰とも縁のないまま生涯を
送る羽目になる人が増えていただ
ろう現実を考えると、簡単に
邪魔なものと言い切れるものでも
ない。

スポンサードリンク

お節介は、その人がお節介とわかり
受ける側もお節介と理解しているな
らば、被害も最小限に抑えられる
かもしれない。

⇒人間関係に役立つ名言集に戻る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

    カテゴリー

  五十音別 ことわざ

ページ上部へ戻る
QLOOKアクセス解析