名言・格言・言葉の宝石箱

昨日を越え、明日を掴み、今日を生きるあなたへ

鈴木敏文の名言・格言集

鈴木敏文の名言・格言集

 


難しく考えない。平凡に、単純に考えればいい。


本当に美味しいものでなければ売ってはいけない。


この問題が重要だというときには、強烈にきちんと伝えないといけません。みんなの認識が必ずしも常に一致しているわけではないので、どれだけみんなの認識を一致させるかが重要なんです。


時代は変わるものだ。いい悪いはともかく、変化に対して自分たちも変わっていかなければ倒れてしまう。


人間、劣等感があっても、自分でなんとかしようと考え、克服しようと努力すれば、なんとかできるようになる。


流れに乗って、変化を先取りしていくことが重要だ。


自分たちは負けていると思って差を埋めることばかりに汲々とすると、ものまねに陥ります。いずれも顧客は離れていきます。


おいしいものほど、顧客は飽きる。


人間は妥協するより、本当はこうありたい、ああありたいと思っているときの方が安定しているものです。


なぜ、自分だけが売れないのか。そう思い悩んでいる人たちは、はたして日々、仮説を立て、挑戦しているでしょうか?


「猛暑だから売れない、暖冬だから売れない」とは何ごとだ。それじゃ、自分の無能をさらしているようなもんじゃないか。


顧客が持つニーズの変化をしっかりと受け止め、徹底的に対応するという姿勢が企業には必要だ。


業績が悪いところ(会社)は時代が変化しているのに、従来通り一本調子で行くだろうと考えてしまうところに問題があるのだと思う。


お客様の欲しいものは何かということに向き合っていけば、やることは沢山出てくる。


自分の特徴を追求して突き進むことが大事。どこかの物まねをしていてはダメ。


豊かな時代になっても人間の欲は無くなりません。ですから、その欲にあった商品やサービスを開発していけばいい。

Return Top