名言・格言・言葉の宝石箱

昨日を越え、明日を掴み、今日を生きるあなたへ

恋愛・恋人同士の名言集

恋愛・恋人同士の名言集

恋をすることは苦しむことだ。苦しみたくないなら、恋をしてはいけない。でもそうすると、恋をしていないことでまた苦しむことになる。


あなたと一緒にいられること、それ以外の何を人は“幸せ”と呼ぶのだろう?


男が本当に好きなものは二つ。危険と遊びである。そしてまた、男は女を愛するが、それは遊びのなかで最も危険なものであるからだ。


恋は決闘です。もし右を見たり左を見たりしていたら敗北です。


恋という成り行きをよく考えてみれば、それは友情よりもむしろ憎悪に似ている。


たいていの男は、結婚相手とは思わない女といちゃつき、男といちゃつかない女と結婚する。


どの男にも「真の愛」へのチャンスは一回しかなく、しかもたいがいは捕まえそこねてしまう。


愛する事によって失うものは何も無い。しかし、愛する事を怖がっていたら何も得られない。


真面目に恋をする男は、恋人の前では困惑したり拙劣であり、愛嬌もろくにないものである。


愛しているのにそれを隠したり、愛していないのに愛をよそおったりすることを、長い間続けられるような偽装は、どこにもない。


まことの恋というものは、誰もが口にするが、実際に見たものは一人もいないという、まるで幽霊のようなものである。


多くの女性を愛した人間よりも、たった一人の女性だけを愛した人間のほうが、はるかに深く女というものを知っている。


なぁに壁なんてのは、越える為にあるんだ。


恋をすることは苦しむことだ。 苦しみたくないなら、恋をしてはいけない。 でもそうすると、恋をしていないことでまた苦しむことになる。


恋には四つの種類がある。情熱の恋、趣味の恋、肉体の恋、虚栄の恋。


. 恋愛と戦争では手段をえらばない。


恋愛が与えうる最大の幸福は、愛する人の手をはじめて握ることである。


愛の表現は惜みなく与えるだろう。しかし愛の本体は惜みなく奪うものだ。


どれほど愛しているかを語ることができるのは、まったく愛していないから。


男の愛は「愛よりほかには何もない」状態に入ると、消えてしまいやすい。女には、それこそすべてなのだが。


愛されたいなら口を慎みなさい。愛の心を開く鍵、それは「秘密」です。


短い不在は恋を活気付けるが、長い不在は恋を滅ぼす。


嫉妬を寄せつけないほど徹底した愛、というものも存在する。


友情と恋愛は一つの根から生えた二本の植物である。ただ後者は、花をすこしばかり多くもっているにすぎない。


愛とは決して後悔しないこと。


遠くから見れば、大抵のものは綺麗に見える。


人が恋に落ちるのは、重力の責任ではない。


われわれを恋愛から救うのは理性よりも多忙である。


ある男に「自分は結婚したほうがいいのか、それともしないほうがいいのか」と訊かれ、彼はこう答えた。「どちらの道を選んでも、君は後悔するだろう」。


愛した人に愛されないのは、恐ろしい不幸である。しかし、もはや愛していない女から熱烈に愛されるのは、もっと不幸である。


愛はいつでも贈り物としてあなたのもとにやってくる。突然、何の前ぶれもなしに。私たちは愛されたいと思って愛するのではない。愛したいから愛するのだ。


待っていてはだめだ。完璧な好機など永遠に来ない。

Return Top