野上弥生子の名言

2014-12-06_154541
結婚をもっとも素朴な数式に
還元すれば、一と一が合して
二となる代りに、新たなる
となることである。

野上弥生子(のがみやえこ)
出典『夫と妻』

Amazonで探す関連書籍

人物紹介を読む

【意味】

一人と一人で二人になるけれど、
二人で築く家庭はひとつ。

その一つは二人が助け合い、育み
あう中から醸し出され、別のもの
となる。そこに結婚の意味がある
のでは。

【感想】

一人の力と一人の力が掛け算に
なることが結婚かもしれない。

足し算より、ずっとずっと数値
が大きくなるし醍醐味がある。

1と1は掛け算にしたら1なの
だから、足し算のほうがずっと
いいのじゃないかと思われそう
だけれど、二人の人間がひとつ
になったときの1は、二人にな
ったのに、一つになれない2よ
りずっと強い。

 

わかる人にはわかる。

⇒他の結婚に関する名言に戻る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

    カテゴリー

  五十音別 ことわざ

ページ上部へ戻る