中村天風の名言集

2015-06-12_211622

スポンサードリンク

中村天風

なかむら・てんぷう
思想家、実業家、諜報員。
1876~1968年
本名は中村三郎。
さらなる人物紹介を読む。

~中村天風 名言~

今日一日、怒らず、恐れず、
悲しまず、正直、親切、
愉快に生きよ


 

一切の人生の果実は、
その人の蒔いた種子のとおり
に実現してくる


 

事業をしている人、
世のために貢献するという
のが、最後の目的であるか


 

その道はその道を知った者
から説かせることが一番いい


 

感謝するに値するものがない
のではない。
感謝するに値するものを、
気がつかないでいるのだ


 

人間が生きていくのに
一番大切なのは、
頭の良し悪しではなく、
心の良し悪しだ


 

一度だけの人生だ。
だから今この時だけを考えろ。
過去は及ばず、
未来は知れず。
死んでからのことは
宗教にまかせろ


 

憎い人があろうはずがない。
あなた方が何か憎らしいこと
を考えているだけだ


 

簡単に得たものは
失いやすい


 

二度と生まれることの
できない人生の刹那刹那は、
自分というものがいつも完全
な主人公でなければならない


 

やれ運命がつまらないの、
人生がつまらないのって人は
その考え方がつまらないん
です。
いいですか、幸福も健康も
成功も、ほかにあるんじゃ
ないですぜ。あなた方自身
のなかにあるんだぜ


 

力を入れることに重点を
置かずに、力を働かすこと
に重点を置く


 

終始一貫、
勇気勇気で押し切るのだ


 

ほんとうに楽しいときには
楽しいなんて気持ちは
湧かないで楽しい


 

人生はどこまでも生かされる
人生であっちゃいけない。
生きる人生でなきゃいけない


 

持たなくてもいい重い荷物を
誰に頼まれもしないのに
一生懸命ぶらさげていないか


 

人の落ち度は、
許すより忘れてしまえ


 

鉛は鉛、金は金。
鉛に金メッキして、
俺は金だというような
顔をしなさんな


 

どこまでもまず人間を
つくれ。それから後が経営
であり、あるいはまた事業
である


 

欲望には苦しい欲望と、
楽しい欲望の二色ある


 

たとえ身に病があっても、
心まで病ますまい。
たとえ運命に非なるものが
あっても、心まで悩ますまい


喜びのないところには、
本当の生きがいのある
人生というものがない


 

信念、それは人生を動かす
羅針盤のごとき尊いもので
ある。従って信念なき人生は
ちょうど長途の航海の出来
ないボロ船のようなもので
ある 

スポンサードリンク

理想は、その人を偉大にも、
はたまた、きわめて価値なく
もする原動力をもっている


 

運命に対しても、
健康に対しても、あくまで
自己に絶対の責任がある


 

お前の頭の中に、何が描かれ
ているか当ててみようか?
それはお前が失敗して、
しょんぼりしている哀れな姿
だろう。
そんな絵は消してしまいな!
おまえが、堂々と相手を説得
して「大成功」というシーン
を描くのだよ、そうすれば
仕事もきっとうまくいく


 

笑っているとき、
人間は最も強い


 

船に乗っても、もう波が
出やしないか、嵐になりゃ
しないか、それとも、この
船が沈没しやしないかと、
船のことばかり考えていた
ら、船旅の愉快さは何も
なかろうじゃないか。
人生もまたしかりだよ


 

人間は、健康でも、運命でも
それをだんぜん乗り越えて
いくところに、生命の価値が
ある


 

運命には二種類ある。
どうにもしようのない運命を
天命といい、人間の力でうち
開くことのできるものを宿命
という


 

ぼやぼやしてちゃ
いけないよ。
人がつくった衛生が宇宙を
飛んでる時代に縁起がどうの
こうの、日の良し悪しや占い
が迷信がなんて、みんな自分
自身に消極的な暗示をかけて
いるんですよ


 

人が人の世のためを本位と
して生きる時、その心の中
に卑しい不平不満の火は
燃えない


 

運命だって、心の力が勝れば
運命は心の支配下になるん
です


 

積極ということは、よほど
注意を慎重にしないと、
えてして制約のない楽天主義
になる


 

広大無辺の大宇宙よりも
さらに心は大きい


 

苦労したり、悩んだり、
人を憎んだり、恐れたり、
悲しんでるとき、
気持ちいいですか。
あんな嫌な気持ちはなかろう。
その嫌な気持ちをなぜ心に
させるんだ。
喜ばせてやれ


 

心のもち方一つが、結局、
人生の運命を決定するんだ


 

どんな名医や名薬といえども、
楽しい、おもしろい、
うれしいというものに勝る
効果は絶対にない

スポンサードリンク

車を洗った真っ黒なコップの
水も、水道の蛇口のところに
置いて、ポタリポタリと水を
落とせば、一晩のうちに
きれいになってしまう


 

大きな期待を胸に、自分の
将来をプライドを持って
築かんとする若人の中に、
自分自身の人生を自分自身
が活かさないで、相変わらず
古くさい気持ちで、神だ仏だ
といって頼るようなことが
あっちゃいけないんですぜ


 

一日の人生に生きるときに、
お互い勇気づける言葉、
喜びをわかちあう言葉、
聞いてもなんとなく嬉しい
言葉を言い合おう

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

    カテゴリー

  五十音別 ことわざ

ページ上部へ戻る
QLOOKアクセス解析