中村天風の言葉・名言(人生を左右する言葉)

2015-07-27_220952

スポンサードリンク

中村天風

なかむら・てんぷう
思想家、実業家、諜報員。
1876~1968年
本名は中村三郎。
さらなる人物紹介を読む。

  

以下に掲載する名言は
中村天風さんの著書
『心が強くなる言葉』より引用
させて頂いてます。

~中村天風 名言~

現在のあなた方の思い方や
考え方が、これからの人生
において、どんどん花が
咲いてくるんです


 

罰当たりな現代人よ、
人生の一部分が手に入った、
入らないで悩んでいないか


 

金だ、家だ、仕事だ、名誉だ
愛だ、って、たしかにみんな
大切なものではありますが、
命あってのものでしょう。
それ以外は、しょせんは、
人生の一部でしかない
んですぜ


 

生きている現実。
恋をする。
めしを食う。
クソをたれる。
ひっかけば血がでる。
もう、自分の人生は現実
でしか、解決がつかない
んです


 

欲しいっていうものが
自分のものにならなかった
ら、現在自分が持っている
ものを嬉しい、と思うよう
に考え方を変えればいいん
です


 

なんでも自分の欲望の標準を
自分勝手に決めて、自分の
思うようにならない世界を
すぐ不満に感じたり、不平で
考えるから、そら、いつまで
経っても本当の幸福は感じや
しないわ


 

「満ち足りないから
俺は幸福を感じない」
って気持ちでいたら、
そりゃもう、現在の人生を
何百回繰り返したってだめよ


 

すぐ不平不満を言うような
そんなケチな気持ちや心もち
は、海の中なり山の中に
捨てちまえ


 

どんな場合にも、
「こまった」
「弱った」
「情けない」
「腹が立つ」
「助けてくれ」
なんていう消極的な言葉を
絶対に口にしないことです


 

言葉には人生を左右する力が
あるんです。この自覚こそが
人生を勝利にみちびく、
採用の武器なんですよ


 

「あ、これは消極的だ」って
感じたら、だんぜん受け入れ
ない。もう、パッと打ち消し
ちゃいなさい


 

できるだけ積極的な人と
交わりなさい


 

「俺は運が悪いなあ」
と思わないで
「ああ、何か俺の心構え
なり、方法なりに大きな
間違いがあったのを、
こういう結果になって、天が
押してくれているんだなぁ」
と考えなさい


 

よしんば身に病がおこった
場合であろうと、運命にまま
ならない状態が生じた場合で
あろうとも、その心だけは、
病や不運の虜にさせないこと
です。わかるかい?


 

具合が悪いときに
具合が悪いと言ったら、
具合が悪いのが治るかい。
運命が悪いときでも、
「ああ、俺はなんてついて
ないんだ」って嘆いたら、
運命がよくなるかい


 

ジンクス、易、縁起、
そのほかの迷信的な行為を
する人は、自分に消極的な
暗示をかけている


 

人間の力ではどうしようも
ない運命、というものはそう
沢山あるものではない


 

人間は、健康でも、
運命でも、それをだんぜん
乗り越えていくところに、
生命の価値がある


 

腕に自信のある船乗りは、
静かな海より、荒波を
乗り切る航海のほうが、
張り合いがある


 

できないこともやってみる、
という気持ちが継続されると
一つの理想になる


 

偉くなる人とそうならない
人と、差が出てくるかって
いうと、同じ話を聴いても
聴き方、受け取り方が全然
違うからなんです。
受け取ったことを自分の
人生に、どう応用していくか
ということだけの差なんです


 

まず自分の理想を実現しよう
と思ったら、不平不満を抜き
にして、すべてをありがたい
方面から考えるようにしな
さい


 

つつましやかに感謝の念を
もって生きるようになったら
どれだけ人生のスケールが
大きくなるかわからないで
しょう


 

現在ただいますべてに
感謝しなさいって


 

いいかい、
もうどんなことがあった
って、現在感謝


 

想像作用を応用するんで
すよ、理想というのは。
現在の事実を中心として、
それをいろいろと心の中で
脚色し、あるいはそれを
伸ばしてみたり、縮めて
みたり、またはぜんぜん
現在の自己の人生に存在
しない事柄をもいろいろ
広く大きく、ああだ、
こうだと思い考えること、
これを想像という


 

できないことをできた
格好にしちまうんだ、
頭のなかで。
そうすると人間が人間
らしく、本当に生きられる
よ。人間だけなんだよ、
考えられるのは


 

想像の標準を
高くおくの


 

言葉と同じように、
想像は十分つつしむべき
なんだよ。
想像をかりそめにも、
怒りや悲しみや怖れは
もちろん、憎しみや妬み
や、さらに貪欲や、
身のほどを忘れた不当、
不正な希望というような、
人生を泥塗るような汚い
毒汁で汚さないこと


 

ただ、ああなりたい、
こうなりたいではいけない。
ひとつの現実の絵にして
自分の心のなかに
はっきり描かなければ
いけないんだよ。
そうして、それを絶え間なく
オリンピックの聖火のように
燃やし続ける 

スポンサードリンク

モデルが完全であってこそ
作品も完全なんだ。
想像はつまるところ、
人生形成のモデルなんだねぇ


 

運命の悪い人は、
運命の良くなった状態を
心に描きながら、自分が成功
し、自分が本当に理想を貫徹
したとき、必ずや人の世の
ためになることをするんだ、
己ひとりがいいことをする
ためにするんじゃないんだと
さあ、たった今から、別人
のような気高い人間に、
もうなっているという信念で
目をさまそう


 

信念とは、できる事柄を、
でかくしてくれる原動力
なんだ。
できないことはだれがして
もできないんだ。
だれかができていて、
片っぽうができなかったら
できているほうが本当で、
できないほうが間違って
いるんだよ


 

信念。
それは人生を動かす羅針盤
の如き尊いものである。
従って、信念なき人生は、
丁度長途の航海のできない
ボロ船のようなものである。
かるが故に、私は真理に
対してはいつも純真な気持ち
で信じよう。
否、信ずることに努力しよう


 

人生というものは、
そこに進歩と向上があって
こそ生きがいを感じ、
勉強もし、努力もする
んですよ


 

どういうふうにして毎日、
一日の人生を生きることが
一番我が意を得たものに
なるかという、その考え方
が、人生観なんです


 

人生ぐらい愉快な、
人生ぐらい恵まれた、
人生ぐらいありがたいものは
ないんですもの


 

生きる正しい方法を知って
生きたら、まことに楽しい
生きがいのある人生を送る
ことができるんであります


 

もっともっと、
人生を楽しまなければ
もったいないですよ。
生き方ひとつで楽園に
なるんだから


 

「苦しみを忍とか、
あるいは辛さを忍ぶと
いうような、忍苦忍耐より
は、自己の命に、
ここが聞きどこなんだよ、
できるだけ喜びを多く
味わわせて人生を生きる、
そこに本当の生きがいが
ある」というのが私の
人生観なんだ


 

右見れば繚乱たる花園が
あり、左見れば墓場や死骸
がごろごろ転がっている。
左ばかり向いていて、
なんてこの世は残酷なんだと
考えている奴があったら、
その人間をほめるかい


 

嫌な方面から人生を
考えりゃあ、そら世の中に
明るさ、何にもないわ。
ここに教えの偉大さがある


 他の人の幸福を妨げない
享楽なれば、それは人間が
自分の生理的本能を生かして
自分の命を喜ばせるんだから
むしろそれは尊いものなんだ
ねぇ。
さらに、人を喜ばせて、
自分がまた、その人とともに
喜ぶということがいちばん
尊いことなんだ


 

自分の生きがいを感じる状態
をもっと気高いところに
おかなきゃいけないんだよ。
あなた方は、うまいものでも
食って、いい着物でも着て、
おもしろいことでもしたら
生きがいがあると、こう思う
ところに、本当の生きがいは
ないんだけれどもねぇ


あなた方、学問とか経験
でも豊富にするとか、
金でもよけいつくれば、
人間が気軽に幸福に
生きられる、なんて
思ってないかい


 

どんなにお金をこしらえ
ようと、どんなに社会的な
地位、名誉が普通の人よりも
上になってみたところで、
その人の人生は、客観的には
いかにも完全そうに見えても
主観的にはちっとも完全には
ならないのであります


 

本当の幸福というのは、
人生がよりよく生きられる
状態に自分ですることなんだ
もん。自分でしないで、
他からしてくれることを
待っている限り来やしないよ


 

幸福や幸運というものは、
自分を呼び寄せなければ
きやしない


 

いいですか、幸せも健康も
成功も、ほかにあるんじゃ
ないですぜ。
あなた方自身のなかにある
んだぜ


人生、千年も万年も
生きられるんじゃないから
生きている刹那、刹那を
どんな場合があっても、
楽しく生きていく人間になる
よう、心がけなさい


私は、いつも思う。
世の中の人の多くは、
なぜもっと生活の中の情味
というものを味わって生き
ようとしないのかと


 

苦労したり、悩んだり、
人を憎んだり、恐れたり、
悲しんでるとき、気持ち
いいですか。
あんな嫌な気持ちは
なかろう。
その嫌な気持ちをなぜ
心にさせるんだ。
喜ばせてやれ


 

怒ることがあるから
怒るんだ、悲しいことが
あるから悲しいんだ、
恐れることは恐れるんだ、
というようなことを言って
たんじゃ、人生に極楽は
こないんですよ


 

すべての感情や感覚の衝動
や刺激を、今までは心で
すぐ受けて、驚きあるいは
怒り、あるいは悲しんでた
ろう。
今度はそれを、腹で受ける
ようにしてごらん、腹で。
心で受けると、どうしても
衝撃が大きいんですよ

スポンサードリンク

感情なり感覚の衝動や
刺激があったらば、腹に
気を込めて、ケツの穴を
しめて肩をおとすんだよ。
これやるとね、どんな大きな
動揺が来ても、少しもその
体に動揺を感じないばかりか
心に少しも変化を起こさなく
なります


 

とにかく気楽な気分で
生きられる人間に
おなんなさい 。
そうするとだいいち、
あなた方の顔が違って
くるもん。お付き合いで
笑おうっていうような顔で
笑わないで、心の底から、
本当に、もうほんとに
溶けるような笑顔が
できるようになるからね 

>>>中村天風の名言集(人生に迷っても心が強くなる言葉)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

    カテゴリー

  五十音別 ことわざ

ページ上部へ戻る
QLOOKアクセス解析