名言・格言・言葉の宝石箱

昨日を越え、明日を掴み、今日を生きるあなたへ

ミゲル・デ・セルバンテスの名言・格言集

ミゲル・デ・セルバンテスの名言・格言集

つまらぬ財産を持つより、立派な希望を持つほうがマシだ。


餓えは世界中で最上の調味料だ。


忘恩は慢心の落とし子である 67. 運命というものは、人をいかなる災難にあわせても、必ず一方の戸口をあけておいて、そこから救いの手を差しのべてくれるものだ。


恋は不思議な眼鏡をかけている。銅を黄金に、貧しさを豊かさに変えて見せるような眼鏡をかけている。


私は裸でこの世に来た。私は裸でこの世から出てゆかねばならぬ。


自由のためなら、名誉のためと同じように、生命を賭けることもできるし、また賭けねばならない。


幸運はそれが失われるまで気付かれることはない。


人はほんのちょっぴりの塩を、友達と分け合って食べてこそ初めて、友達の真価を見極めることができる。


永い経験からの簡潔な格言。


桶の水より、親切な言葉をかけるほうが、火はよく消える。


真の勇気というものは、臆病者と無鉄砲な者の中間にある。


太陽が照っているうちに、干し草を作れ。


光り輝くものすべて金にあらず。


嫉妬のない愛はあるかもしれぬ。だが恐れのともなわぬ愛はない。


顔に出た悲しみは、心にある汚点に勝る。


男は火で、女は麻屑である。悪魔がやってきてそれを吹きつける。


眠りは人間の思いをすべて覆うマントである。眠りを発明した人に幸あれ。


おのれを知ることに全力を捧げよ。それこそが、この世でもっとも困難な課題だ。


ペンは魂の舌である。

Return Top