名言・格言・言葉の宝石箱

昨日を越え、明日を掴み、今日を生きるあなたへ

マルセル・プルーストの名言・格言集

マルセル・プルーストの名言・格言集

幸福は身体にとってはためになる。しかし、精神の力を発達させるものは悲しみである。


安定は愛を殺し、不安は愛をかき立てる。


愛するということは不運である。お伽話の中の人々のように、魔法が解けるまでそれに対してどうすることもできないのだ。


あのころは恋に生きる人びとの快楽を知って、官能の好奇心を満足させていた。それだけですませられると思い、恋の苦しみを知ることになるとは思ってもみなかったのだ。


恋わずらいの人は、ある種病人のように、自分自身が医者になる。苦痛の原因をなした相手から癒してもらえることはないから、結局は、その苦痛の中に薬を見出す。


愛が永遠でないという理由は、多分、記憶がいつも真実であると限らず、人生は細胞の絶えざる更新によって出来ているからであろう。


私たちの知っている偉大なものは、すべて神経質な人が作ったものです。


不幸なときにこそ、人は道徳的になる。


真の楽園とは失われた楽園である。


上手に別れられるなどということは、まったく稀(まれ)なことである。そういうのがちゃんとうまくいくなら、別れたりはしない。


人は苦悩を征服することによってのみ苦悩を忘れる。


人間は自分から脱出できない存在であり、自分の内部でしか他人を知ることのない存在だ。

私が探し求めなければならないのは、あのころ十六歳だった少女たちではなく、今日十六歳の娘たちだ。


われわれの忘却してしまったものこそ、ある存在をいちばん正しくわれわれに想起させるものである。


我々は過去の出来事を実際に起きたとおりに憶えているわけではない。


同じ比喩もそれを出発点とすれば誤りとなるし、それを到着点とすれば本当ともなる。


ある習慣の規則正しさは、その習慣のばかばかしさに比例する。


人は、泳げるようになりたいと願いながら、同時に片足を地面につけているものだ。


発見の旅とは、新しい景色を探すことではない。新しい目を持つことなのだ。

Return Top