伊藤左千夫の名言

4144541382_99ef4bebd8_z

スポンサードリンク

苦痛を共にした家庭は、
安息の快楽を共にする
事が出来る。

伊藤左千夫(いとうさちお)
出典『胡頽子』

Amazonで探す関連書籍

人物紹介を読む

【意味】

家族で苦痛を乗り切ることは、
お互いの信頼関係をより強固な
ものにする。その関係があるから
こそ、安息をも共有することが
できるのだ。困難なことがあれば
あるほど結びつきも強くなる。

スポンサードリンク

【感想】

何にでもメリハリというものは
大事である。

楽しいも嬉しいも幸せも、
対比する出来事がなければその
言葉そのものさえ存在しないも
のばかりだ。

苦あれば楽有り、楽あれば苦あり
という言葉があるけれど、実際は
苦がなければ楽なんてありえない
し、楽があるからこそ苦を感じる
ということ。

 

スポンサードリンク

苦労を分かち合うことのない関係
は知人にはなっても、友人には
とてもなれそうにない。

⇒他の結婚に関する名言に戻る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

    カテゴリー

  五十音別 ことわざ

ページ上部へ戻る
QLOOKアクセス解析