井深大の名言

2014-12-29_225731

スポンサードリンク

あらゆるいばらの道を
切り開き、誰も手がけない
新しい創造と取り組め。

井深大(いぶかまさる)
人物紹介を読む

【意味】
並大抵の苦労ではないはずだが、
説得力を感じる。新たなものを
始める意欲を掻き立てるひとこと。

スポンサードリンク

【感想】
当たり前のようにある職業や
店舗も、最初は跡形もなかった
ものだらけというわけである。

どんな分野にも先駆者がいて、
誰も体験しなかった幾多の
苦難を乗り越えてきたことは
間違いない。

食事をしていても、テレビを
見ていても、音楽を聴いていても
車を運転していても、右を向いて
も左を向いても、そこに先人の
努力のなかった製品はひとつと
してない。

 

スポンサードリンク

そう考えると、人間一人で生きて
いるなどと考えることがいかに
おこがましいことかがわかる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

    カテゴリー

  五十音別 ことわざ

ページ上部へ戻る
QLOOKアクセス解析