ヘレン・ケラーの名言と感想

14374480496_991ff96353_z

スポンサードリンク

 

ヘレン・ケラー   

サリバンと出会った日こそ、
私の本当の誕生日でした。
希望は人を成功に導く信仰
であり、希望がなければ
何事も成就しません。

プロフィールを読む

>>ヘレンケラー名言集を読む

【感想】

生存していることと生きている
ことが違うというのは、実にこう
いうことなのだと思う。

スポンサードリンク

人はパンのみに生きるにあらず
という言葉にあるように、人間には
この世を生き抜くための「よすが」
というものが大事。

よすがとは、身や心を 寄せて頼り
とするところ。頼みとする人のこと
をいい、ヘレンケラーにとっては
それがサリバン先生だったという
ことになる。

人がこの世に誕生するということ
はその時点で「生きるよすが」が
あると思いたいが、現実はなかなか
そうもいかないことが多い。

自分を生んだはずの人間に川に
突き落とされ、床に叩きつけられ
冷蔵庫にいれられ、ついには餓死
をしてしまうという哀しすぎる現実
はあとを絶たない。

 

スポンサードリンク

教育というのは人の数だけ持論が
展開されるものだと思うけれど、
おぎゃーと生まれた赤子を自立させ
るまでに必要なすべてだと考える
なら、サリバン先生こそ、真の
教育者ということは言えそうだ。

by ザーゼン

Amazonで探す関連書籍

 

⇒偉人・賢人たちの名言集を読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

    カテゴリー

  五十音別 ことわざ

ページ上部へ戻る
QLOOKアクセス解析