萩原朔太郎の名言(人間関係編)

2014-12-10_002840

スポンサードリンク

社交の秘訣は、真実を語らな
いということではない。

真実を語ることによってさえ
も対手を怒らせないよう

にすることの技術である。

萩原朔太郎(はぎわらさくたろう)
出典『港にて』

>>萩原朔太郎の名言集を読む

Amazonで探す関連書籍

【意味】

真実を言っても、相手に悪感情を
与えてしまうことがある。

社交上手になるには、それとなく
ジョークを言ったり、おだてたり
しながら真意を伝えてしまうことだ。

スポンサードリンク

【感想】

これはなかなかの技術を要する。

しかし真意を伝えるために必要な
テクニックなら、身につけていて
損はない。

本当のことなんだからしょうがない
じゃないかと、とう反論する人が
いるけれど、それは本当のことを
伝えたから叱られたわけではない
ことを理解する必要がある。

真実を伝えればそれでいいという
ものじゃない。

それをどう伝えたかの「どう」に
その人のこれまでの生き方や人格
すべてが反映されているといって
もいいほどである。

スポンサードリンク

なにを伝えたかが大事なのは勿論
言うまでもないことだけれど、
それを「どう伝えたか」ということ
が、ときに目的以上に重要なときも
あることを覚えておきたい。

⇒人間関係に役立つ名言集に戻る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

    カテゴリー

  五十音別 ことわざ

ページ上部へ戻る
QLOOKアクセス解析