伊達政宗の名言

2014-12-06_140759

スポンサードリンク

朝夕の食事はうまからずとも
ほめて食うべし。
伊達政宗(だてまさむね)
人物紹介を読む
【意味】
 
朝夕の食事の支度は毎日続けば大変
なものである。
美味しいの一言がまた次の活力に
なる。感謝の気持ちを添えて伝えて
欲しい。期待に応えようと腕もあが
るはず。

 

スポンサードリンク

【感想】
 
美味しいか美味しくないか以上に、
やはりそこに注ぐ時間、労力、
そういったものへの感謝の気持ち
が相手に伝わるということになる
と思う。
当たり前のことほど、それが突如
としてなくなったときに喪失感が
大きくなる。
 
スポンサードリンク
それから感謝したのでは、後悔
しきりである。
 
⇒他の結婚に関する名言に戻る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

    カテゴリー

  五十音別 ことわざ

ページ上部へ戻る
QLOOKアクセス解析