吉田松陰の名言集

2015-03-27_145228

スポンサードリンク

吉田松陰

よしだ・しょういん
日本の武士、思想家、教育者、
兵学者、地域研究家。

さらなる人物紹介を読む。

~吉田松陰 名言~

Amazonで探す関連書籍

学 ゆるむべからず、
一日をゆるめば、
まさに大機を失せん。


 

平凡で実直な人間など
いくらでもいる。

しかし、事に臨んで大事を
断ずる人物は容易に求め
がたい。

人のわずかな欠陥を
あげつらうようでは、
大才の士は、求めることが
できない。


 

一日一字を記さば
一年にして三百六十字を得、
一夜一時を怠らば、
百歳の間三万六千時を失う。


 

才あれども勤めずんば、
何をもって才を成さんや。


 

人間が生まれつき持っている
ところの良心の命令、道理上
かくせねばならぬという
当為当然の道、それはすべて
実行するのである。

 

スポンサードリンク

 

 

夢なき者に理想なし、
理想なき者に計画なし、
計画なき者に実行なし、
実行なき者に成功なし。
故に、夢なき者に成功なし。


 

古より大業を成すの人は、
おだやかで人と争わず、
ゆったりとして物静か
である。


 

君子は何事に臨んでも、
それが道理に合っているか
否かと考えて、その上で
行動する。


 

大器をつくるには、
いそぐべからずこと。

スポンサードリンク
 

何事も ならぬといふは
なきものを
ならぬといふは
なさぬなりけり。


 

人を観察するのは、その人の
目によってするのである。
胸のなかが正しいか、
正しくないかは、ひとみが
はっきりしているか、暗いか
によってわかるものである。

 

ページ:

1

2 3
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

    カテゴリー

  五十音別 ことわざ

ページ上部へ戻る
QLOOKアクセス解析