柳井正の名言集

2015-05-25_173536

人生は一回しかない。
自分の可能性を試して欲しい。


 

グローバルな競争で問われる
のは、
「あなたは何が強いのか?」
であり、それに対し
「私はここが優れている」
とストレートに表現できない
とならない。


 

いい加減じゃないと夢が
ない。夢を持っている人は
だいたい、いい加減だ。


 

競争相手と差をつけるには
人と違ったことを考える
ということですよね。
そしてもっと重要なことは
それを実行するということ
なんですね。
99%の人は、自分で他の人
と違うことを考えているつも
り。でも考えられてない。
で、1%の人も考えていても
それを実行しない。それでは
起業は上手くいかない。


 

自分で業界を創るという覚悟
がなければ絶対大成功はあり
えない。


 

海外はこういう方法という
ことではなく、
グローバルワン、世界中で
一つのことをやることが
大事。 

僕は安定成長なんかないと
思っている。5%、10%
成功しても、あまり意味が
無い。
もっとビジネスチャンスが
あるなら、もっと成長しない
といけない。


 

日本には人、モノ、カネ、
インフラのすべてが揃って
います。やる気さえあれば
日本は最高の立地と言える。
チャンスはたくさんある。


 

新しいことをやってダメだ
と思ったら、即座に撤退する。
これがつぶれない秘訣。


 

頭のいい人は自分の考えが
すべてだと思いがちです。
なかなか他人の意見を受け
入れようとしません。けれど
実際に仕事をするには他人の
意見に対する理解力が必要
なんです。自分の視点だけで
世の中を眺めるのでなく、
上の人の視線になって想像
する場面もあれば、下の人の
視線で考えることもある。


 

経営とは一番最後から本を
読むようなもの。
まずは結論ありきで、最終的
に何を求めて経営していくか
を決め、結論に至る方法を
考えられる限り考え、いいと
思う順から実行する。


 

商売はスポーツと同じ。
一枚一枚積み重ねてやって
いくということが一番大切。

世の中の変化と市場は暴力的
です。そこでは自分の都合や
自社の都合は一切許されませ
ん。


 

責任が自分以外の人間に
あるとか、他の要因にあると
思った瞬間、僕は、自分に
負けるような気になる。


 

自分が自分に対しての
最大の批判者です。

ページ:
1 2

3

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

    カテゴリー

  五十音別 ことわざ

ページ上部へ戻る