山本周五郎の名言(結婚編)

2014-12-07_160041

スポンサードリンク

夢のゆきついたところに結婚
があるのではなくて、結婚か
ら夢の実現が始まるのです。

山本周五郎(やまもとしゅうごろう)
出典『日本婦道記』

Amazonで探す関連書籍

人物紹介を読む

【意味】

結婚は紛れもない現実なのだ。
幸せな家庭を築くための第一歩
が始まるのだ。

スポンサードリンク

それは希望に満ちた沢山の可能性
を秘めたものである。

【感想】

よく結婚は「ゴール」という言葉
を使う人がいるけれど、それらの
人々はその後の長い長い結婚生活を
どう生きていくつもりなのだろうと
考えることがある。

ゴールなら、次の目標設定をする
しかない。

しかしどう考えたところで、結婚
は新しい人生や生きがいを発掘、
発見するスタートラインではない
だろうか。

わかったつもりでいてもまだ互い
のことなどわかってはいない。

そんな二人がたまの逢瀬から生活
という冒険を始めるのだから、
どこからどんなものが飛び出すか
しれない。

スポンサードリンク

けれどもそれは冒険だから、なにか
あれば力を合わせて楽しみながら
乗り越えていけばいい。

⇒他の結婚に関する名言に戻る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

    カテゴリー

  五十音別 ことわざ

ページ上部へ戻る
QLOOKアクセス解析