山本周五郎の名言(元気が出る)

2014-12-14_145504

スポンサードリンク

 生きてくってことは
冗談ごと
じゃあねえからな

山本周五郎(やまもとしゅうごろう)
出典『へちまの木』

Amazonで探す関連書籍

【意味】

人生は生易しいものではない。

冗談や一時の感情で行動していては
上手くは進まない。

まじめに生きてこそ、人生を
全うできるのだ。

スポンサードリンク

【感想】

冗談ごとじゃないことは確か
だけれど、一大事というわけでも
ないと思う。

だいたいにおいて、人生が一大事
だと思うことが真面目だと単純に
言えるだろうか。

大切なことは事態を深刻に受け止め
て生き難くすることより、生き難い
この世の中をいかに生きやすく柔軟
に渡って行くかだと思う。

そう考えるときに、冗談のひとつも
なくてこの深刻すぎる世の中を
渡っていけるだろうかとそのほうが
心配になる。

深刻だから笑ってはいけない。
でも、笑ってはいけないから深刻
になるし、人生が辛く行き難くなる
とも言えるのじゃないだろうか。

人生は一回ぽっきりのぶっつけ本番
だけれども、だからといって冗談の
ひとつも言わず、真面目一辺倒で
過ごすのがより良い生き方とは
とても思えない。

スポンサードリンク

一回きりの、ぶっつけ本番の人生
なのだから肩の力を抜いて、冗談の
ひとつも交えながら、泣いたり
笑ったり、思う存分人間らしさを
出し切って灰になるほうがよほど
いい人生のような気がする。

⇒ 元気が出る名言集へ戻る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

    カテゴリー

  五十音別 ことわざ

ページ上部へ戻る
QLOOKアクセス解析