渡辺和子の名言・語録・格言

 

渡辺和子

キリスト教カトリック修道女。
ノートルダム清心学園理事長。

北海道旭川市生まれ。
(1927〜2016年12月30日逝去)

スポンサードリンク

苦しい峠でも必ず、
下り坂になる

 

愛によってのみ
「見える」ものが
世の中にある

 

思い通りにいかない時こそ
自分らしさを
輝かせる道がある

 

置かれた場所で
咲きなさい

 

他人まかせでは
幸せは得られない。
自分が光となって
世の中を照らそう

 

愛情の深さと歳月は
比例しない。
たとえどんなに短くても、
本物の愛は心を充分に
満たしてくれる

 

愛はそれが純粋であれば
あるほど、
苦しみを伴う

 

不要な枝葉を切り落とし
身軽になること。
意地や執着を捨てて
素直になること、
他人の意見に耳を傾けて
謙虚になることが
成熟ということ

 

与えることができるのは
人間以外の何ものでも
ないのだ

 

一生懸命はよいことだが
休息も必要

 

嫌いな相手でも
その価値は否定しない

スポンサードリンク

 

この世に「雑用」という
用はありません。
私たちが用を雑にした時に
雑用が生まれます

 

一生の終わりに残るものは
自分が集めたものではなく
自分が与えたもの

 

人間の幸せというものは、
そして一人ひとりの人生の
豊かさは、愛するものを
持っているか否かに
かかっています

 

与えることができるのは、
人間以外の何ものでもない
のだ

 

闇の中に置かれたがゆえに、
それまで知らなかった
さまざまな「明るさ」の
有難さがわかるのです。
それこそ、
「当たり前が輝いて」
見えてくるのです

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

    カテゴリー

  五十音別 ことわざ

ページ上部へ戻る
QLOOKアクセス解析