豊田佐吉の名言集

2015-03-26_130020

スポンサードリンク

豊田佐吉

とよだ・さきち
1867年~1930年 享年63歳
日本の発明家、実業家。
静岡県湖西市出身。
さらなる人物紹介を読む。

~豊田佐吉 名言~

Amazonで探す関連書籍

障子を開けて見よ、
外は広い。

 

いくら儲けたいの、
いくら儲けねばならんのと、
そんな横着な考えでは
人間生きてゆけるものでは
ない。

 

わしの今日あるのは、天の
心というものだ。それなら、
こちらも社会へ奉仕せにゃ
いかん道理だ。「誠実」
というその字を見ろ。言う
ことを成せという言葉なん
だよ。

 

男は、四の五のいらぬことを
考える必要はない。
志を立てた以上、図太い
一本の仕事をやり抜け。

 

金は借りやすいところから
借りてはいかん。慎重な
貸し手は相手の人格を見て、
仕事の内容を検討する。
そんな人は、こちらが悪く
なるとさらに金をつぎ込ん
でくれる。その反対に、
安易に金を貸してくれる人
は、こっちが一番金が欲しい
ときに返済を迫ってくる。

 

スポンサードリンク

 

 

わしは他人よりよけいに
創造的知能に恵まれて
いるわけではない。
すべて努力の結晶だ。
世間は、その努力を
買ってくれないで
「天才だ」と言って
片付けてしまう。
私には遺憾千万。

 

仕事は自分で見つける
べきものだ。また職業は
自分でこしらえるべきもの
だ。その心がけさえあれば、
仕事、職業は無限にある。

 

その大きな未開の宝庫は、
早く扉を開けてくれと
中から叩いて呼びかけ
ている。

 

人間のやったことは、
人間がまだやれることの
100分の1に過ぎない。
 
スポンサードリンク
これはみな外国品ばかり
ではないか。こんなことで
日本の将来をどうする。
今に私は立派な国産品を
つくって、きっと外国品を
追っ払って見せる。

 

>>河合隼雄の名言集

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

    カテゴリー

  五十音別 ことわざ

ページ上部へ戻る
QLOOKアクセス解析