トルストイの名言と感想

e0003_800x600

スポンサードリンク

 

トルストイ

われわれを一番強くつかむ
欲望は淫欲のそれである。
満足させればさせるほど、
いよいよ増長する。

 プロフィールを読む

【感想】

空腹時に何かをひょいとつまんで
食べると、その空腹が埋まるどころ
か食べる前よりずっと空腹を感じて
落ち着かないことがある。

スポンサードリンク

人間の欲望とはそんなものか。

味をしめるという言葉があるけれど
欲望には制限がないから、欲しい、
欲しいと思っているうちは「これで
いいという」満足感に浸れることは
ない。

身体はひとつきりしかないのに
いくつもの家や庭を持ちたがり、
在籍もしていないし貢献もしていない
のに「名誉会長」というわけのわから
ないポジションにしがみつき、幾つも
の口座を潤わせている人々もいる。

まさかもう何の不満もないだろうと
いう物質的な側面からは完璧に見え
るセレブたちでさえ、新しい車が
欲しい、新製品が欲しいといって
次に手に入れたい何かが頭のどこか
にあるのだからどうしようもない。

消費する人間がいてこその社会だと
いえばそれまでだけれど、何かが
不足しているから不幸だという図式
で生きているのだとしたら、満足は
永遠に手に入れることはできない
だろうな。

 

スポンサードリンク

新製品は誰かがなくなる寸前にも
生まれるものだし、高倉健さんが
亡くなったからといって、朝日が
昇らないということでもない。

欲望それ自体が人間が人間として
生きていることの証だと思えば、
渇望して満足を知らない人々へも
温かい視線を送れるというものか。

by ザーゼン


Amazonで探す関連著書

 

⇒偉人・賢人たちの名言集を読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

    カテゴリー

  五十音別 ことわざ

ページ上部へ戻る
QLOOKアクセス解析