名言・格言・言葉の宝石箱

昨日を越え、明日を掴み、今日を生きるあなたへ

武田信玄の名言・格言集

武田信玄の名言・格言集

信頼してこそ人は尽くしてくれるものだ。


組織はまず管理者が自分を管理せよ。


やればできる!やらなければできないことをできないと諦める人は残念だ!


渋柿は渋柿として使え。継木をして甘くすることなど小細工である。


百人のうち九十九人に誉めらるるは、善き者にあらず。


自分のしたいことより、嫌なことを先にせよ。この心構えさえあれば、道の途中で挫折したり、身を滅ぼしたりするようなことはないはずだ。


人間にとって学問は、木の枝に繁る葉と同じだ。


自分が死した後は上杉謙信を頼れ。また三年間を喪を秘せ。


三度ものをいって三度言葉の変わる人間は、嘘をつく人間である。


大将たる者は、家臣に慈悲の心をもって接することが、最も重要である。


もう一押しこそ慎重になれ。


人は城、人は石垣、人は堀、情けは味方、仇は敵なり。


大将は同じようなタイプの人を好んで使うことを避けなければならない。


戦いは四十歳以前は勝つように、四十歳からは負けないようにすることだ。ただし二十歳前後は、自分より小身の敵に対して、負けなければよい。勝ちすぎてはならない。将来を第一に考えて、気長に対処することが肝要である。


武将が陥りやすい三大失観。一、分別あるものを悪人と見ること。一、遠慮あるものを臆病と見ること。一、軽躁なるものを勇剛と見ること。


今後は、一人働きは無用である。足軽を預かっていながら独りよがりの行動をとれば、組の者は組頭をなくし、味方の勝利を失うことになるからだ。


勝敗は六分か七分勝てば良い。八分の勝ちはすでに危険であり、九分、十分の勝ちは大敗を招く下地となる。


一日ひとつずつの教訓を聞いていったとしても、ひと月で三十か条になるのだ。これを一年にすれば、三百六十か条ものことを知ることになるのではないか。


鬼をもあざむくほどの彦六が、あんな小男に討たれたのは、武運が尽きたのである。前々から、組み打ちの勝負次第で決着をつけると約束した以上、川中島のことは約束通りにしなければいけない。違約は武士として恥じるべき事、君子に二言はない。川中島四郡は今日より上杉家に差し上げよう。


戦いは四十歳以前は勝つように、四十歳からは負けないようにすることだ。ただし二十歳前後は、自分より小身の敵に対して、負けなければよい。勝ちすぎてはならない。将来を第一に考えて、気長に対処することが肝要である。

Return Top