名言・格言・言葉の宝石箱

昨日を越え、明日を掴み、今日を生きるあなたへ

髙田明の名言・格言集

髙田明の名言・格言集


多くの人は失敗したことを後悔するのではなく、ベストを尽くさなかったことを後悔する。


どのような仕事も半端ではお客に感動を与えられない。満足した瞬間に負けます。


あまり若いうちに自分を固めないことです。無理に夢なんて持たなくていい。若いうちはいろんな人に出会い、いろんな本を読むべきです。最初から完成形を目指さずに、徐々に変化していけばいいと思います。


どうせ読めない未来を心配するより、今やりたいこと、今楽しいと思うことをやればいい。


進歩というものは、今あることを否定するところからしか生まれない。


できない理由を考えたらキリがない。僕は、どんなときでも「どうしたらできるか」ということしか探さないし、そうやって生きてきたんです。ずっと。


仕事で間違った判断をするのはよくあること。大事なのは「いかん。失敗したかもしれない」と思った時に、それを受け入れ、スピードを持ってすぐに対応できるかどうかなのです。


1つひとつの仕事をするたびに、「これが最高なのか?これ以上はできないのか?」って心の中でつぶやきながら、ベストを尽くしてみてください。


右脳は直感で物事を捉え、左脳は論理的に物事を捉えます。この両方がないと経営者は駄目です。理性ばかりで経営しては、いずれ会社は行き詰る。経営には感性が必要です。99%は理性的に経営を考えても、最後の1%に感性が必要なんです。


人生は一回。だから、その都度の年齢に応じた生き方がある。


失敗というのは、失敗と認めてしまったから失敗になるのだと思います。失敗は乗り越えるべき課題が見えたということですから。


変えようという勇気と行動次第でさらによいものができてくる。


机の上でいくら考えても、現場に立って行動しないと現状は変わらない。


いまを一生懸命生きれば、すぐ先の未来は変わる。だから、常にいまの自分を更新し続ける。ずっとそうして生きてきました。


人生、何を始めるにも遅すぎることはありません。私はやりたいことが沢山あります。あと50年、夢を持って今を生き続けていきたい。


真剣になって、次の新しい突破口を探していく。真剣の度合いが深ければ深いほど力が付いてくる。


あまり複雑に考えず、シンプルに今を一生懸命生きる。ただこれだけ。

Return Top