鈴木三重吉の名言(人生や運命に迷いが生じたら)

2014-12-10_010852

スポンサードリンク

生きたいというのは寂寥と
悪闘しようとする
執着で
なければならない

鈴木三重吉(すずきみえきち)
出典『小鳥の巣』

Amazonで探す関連書籍

【意味】

どんな人でも孤独を感じる。

孤独と必死で闘おうとする執念を
持ち続けることこそ、生きる意味を
感じさせる。

そこに生きることの喜びを感じる
のだろう。

スポンサードリンク

【感想】

孤独というのは何人いようが関係なく
心が感じるものである。

渋谷の交差点、上野のアメ横、人に
もまれ、人の渦にのまれながらも、
一人きりという孤独に変わりはない。

寂しくない、孤独を感じたことがない
という人は幸せである。

けれど真実を生きていないように
感じるのもまた事実だ。

一人で生まれ、一人でこの世を
去っていく。

スポンサードリンク

どんなに富を築こうと、どれほどの
大家族であろうと、死ぬときはたった
ひとりきり。

⇒人間関係に役立つ名言集に戻る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

    カテゴリー

  五十音別 ことわざ

ページ上部へ戻る
QLOOKアクセス解析