愛するものに、逢うなかれ

2015-04-16_161016
スポンサードリンク
愛するものに、
逢うなかれ

【解説】
釈尊が初期修行時代とられた
態度で、弟子阿難が性について
の悩みに対して諭された言葉。

スポンサードリンク

【解釈】

人間には、異性ばかりでなく、
親子兄弟、物、住んでいる家、
環境など、あらゆるものに対して
動物的に執着する本能がある。

また怨み憎しむモノを排除する
本当的な囚われがある。

ともに心理であるが、ともに
苦であるという意味。

引用元:スピーチが光る名言集

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

    カテゴリー

  五十音別 ことわざ

ページ上部へ戻る
QLOOKアクセス解析