名言・格言・言葉の宝石箱

昨日を越え、明日を掴み、今日を生きるあなたへ

齋藤孝の名言・格言集

齋藤孝の名言・格言集

 



ものごとには必ずプラスとマイナスがある。両面から見ることの出来るのが本当に知恵のある人。


成功にとって大切なのは才能ではなく「決断」なのです。


おまえはまだ全力を尽くしていない。今おまえは自分で自分の限界をあらかじめ設定してやらない言い訳をしている。


読書は、一人のようで一人ではない。本を書いている人との二人の時間である。


年輩の優れた経営者には、読者家がたくさんいます。読書で得られるのは、情報だけではありません。人間性、感情、論理性、想像力、そういうものも鍛えられる。


言葉や思考は自分のものではない。なぜなら言葉は自分が存在するより以前にあり、思考は言葉によってつくられている以上、オリジナルなものより、今までの焼き直しが多いからだ。


アウトプットを具体的に想定することが、インプットの感度を高める。


人というのは、普段はそれほど仲がよくない者どうしでも、みんなでこれを成し遂げようというものがあれば、手をとり合って協力するようになる。


「自己実現」より「他者実現」を優先すると世界が広がり自分が思ってもいなかった新しい仕事に繋がる。


自分の気質とか仕事の向き不向きを見極めるコツは自分がこれだと疲れないという一点を見つけることです。


人が生きて行くパワーの源泉は、青春時代の怨念にある。


勝負事が強いのは大勝ちする人ではない。負けない戦い方ができる人なのだ。


男は生理的にも精神的にも弱すぎるから、神様が腕力を与えたのです。女は強すぎるから、腕力をとりあげられた。


企画そのものに意味があれば、たいていの人には伝わる。企画全体に意味がなければ、表現や体裁がどんなに整っていても、人には伝わらない。


良かれ悪しかれ、人間はイメージの影響を受けやすい。成否は、いかに相手に具体的なイメージを伝えられるかに尽きる。


大事なのは、相手が代われば戦い方も変わるということ。勝負に勝つには、まず相手を知ること。


ユーモアは単なる娯楽ではなく、人間関係を上機嫌に保つために身につけるべきもの。


税金が納められ世の中は成り立っている。きちんと働くことは十分、社会貢献になるんです。もっと胸を張っていい。


成功とは無数の正しい選択の積み重ね。


基準があってものを言ってる人間と、本当に独りよがりで言ってる人間とが今は同等に扱われてしまう。


文章を書くことはさらに思考能力を高めます。会話でも、含蓄のある言葉が使えるようになる。書き言葉に習熟することで、会話のレベルが一気に上がるんです。


私は今の日本でもっとも必要なのは発想の力だと思っています。


集中する、没頭するという状態を生むには、精神論ではなく環境や身体感覚から入っていくのが一番です。


大量の読書をしない人間に未来はない。


志やビジョンがあれば、頑張れるんです。エネルギーの源になるし、嫌なことがあっても、これが自分の道だと戻っていける。


ぶつくさ言う前に量をこなせ。

Return Top