老子の言葉・名言(知識を増やしてはいけない)

2015-01-20_112224

 

スポンサードリンク

知識を増やしてはいけない

 

あまり学問をしすぎると、
かえって迷うものなんだ。
世間が“よし”というものと、
“ダメ”というものと、
どれだけの違いがあるというのだ。
“よかれ”と思ったことが
悪かったり、“悪い”と思ったこと
がよかったり、一概には決められ
ないものだよ。

 

たしかに、世間で嫌がることを、
無理に通すことはできないさ。
でも、いわせたい者には、
いわせておけばいいんだよ。
いってるほうだって、
たいしたことはいっていない
んだから。

スポンサードリンク

世間の人々は、浮き浮きして
楽しんでいる。
春は花見、秋は紅葉狩りと、
飲んで歌ってのドンチャン騒ぎ。
でも、わたしはそんな喧騒から
離れて、心静かに騒ぐこともない。
ばか笑いをすることもなく、
まるで嬰児のようであり、
しおれた宿無し犬のようだ。

 

みんな裕福そうだが、
わたしは貧乏くさい。
世間から見たら、
のろまで、間が抜けていて、
愚か者に見えるだろうね。
ホントニ、
みんなよく頑張ってるね。
何事も割り切って、
目的に向かって一目散だ。
でも、私はどうも踏ん切りが
つかなくて、
ゆらゆら小舟のように漂い、
吹きすぎる風のように
あてどない。

スポンサードリンク

なんだか、わたしだけが
野暮くさく、わたしだけが
変わり者のようだ。
でも、平気さ。
わたしは大自然の乳母から、
たくさんの英気をもらって、
清々しく生きているのだから。

(引用元:『老子』より)

⇒老子の言葉・名言(最上の徳とは)
⇒老子の言葉・名言(現代社会の奢りの原因)
⇒老子の言葉・名言(禍福はあざなえる縄のごとし)
⇒老子の言葉・名言(王者たるものは)
⇒老子の言葉・名言(つつましくある)
⇒老子の言葉・名言(大きな者こそへりくだる)
⇒老子の言葉・名言(小魚を煮るように)
⇒老子の言葉・名言(驕れる者久しからず)
⇒老子の言葉・名言(根っこのようにどっしりと)
⇒老子の言葉・名言(本性を取り戻せ)
⇒老子の言葉・名言(理想のリーダー像)
⇒老子の言葉・名言(何事も“今と、ここ”)
⇒老子の言葉・名言(知っている者は話さない)
⇒老子の言葉・名言(天の綱はすべてお見通し)
⇒老子の言葉・名言(足るを知る)
⇒老子の言葉・名言(本当に偉大なものとは)
⇒老子の言葉・名言(常識の裏に真実がある)
⇒老子の言葉・名言 (頭ではなく心で感じる)
⇒老子の言葉・名言(能ある鷹は爪を隠すように)
⇒老子の言葉・名言(手柄を見せつけない)
⇒老子の言葉・名言(やるだけやったら)
⇒老子の言葉・名言(すべてを活かして使う)
⇒老子の言葉・名言(本当に賢い人とは)
⇒老子の言葉・名言(誰とも争わない)
⇒老子の言葉・名言(無理してはいけない)
⇒老子の言葉・名言(赤子のように自然に)
⇒老子の言葉・名言(マイナスがプラスとなる)
⇒老子の言葉・名言(人に怨みを抱かせないように)
⇒老子の言葉・名言(気にしない気にしない) 
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

    カテゴリー

  五十音別 ことわざ

ページ上部へ戻る
QLOOKアクセス解析