老子の名言

2014-12-29_180246

スポンサードリンク

足るを知る者は富む

老子
(中国の思想家)

【意味】
これで充分なのだと、
現状に満足できる人は
富める人である。
まだまだと欲を出していると、
いつのまにか何もなくなって
しまう。

スポンサードリンク

【感想】

体がひとつしかないのに
住む家を沢山持っている人がいる。

心がひとつしかないのに
沢山愛する人を持とうとする人が
いる。

体一つで死んでいくのに、
柩に入りきらないほどの持ち物
を増やし、生前整理のときに泣き
ながらコレクションした品々を
オークションへかける。

全く馬鹿げている。

数が多いことが何だという
のだろう。

人より多くのものを所有して
いることがそんなに偉いの
だろうか。

限られた地球という丸い土地の
上で、たった二人暮らしだと
いうのに広大な土地を占有し、
食べきれないほどの食べ物を
各国から調達し、全ての指に
多くの犠牲者なくしては入手
できない宝石をつけて笑う人生。

そんな生活がまともである
はずがない。

今日、たった一つのおにぎり
も食べることができない人が
いるという想像力をもってすれ
ば、なぜに食べきれない食材を
テーブルに並べて笑えるだろう。

 

スポンサードリンク

富むということは、恥ずべき
ことなのかもしれない。

想像力が私にはないんですと
証明しているようなものなの
かもしれない。

これで満足と思えぬ人は、
心から気の毒に思う。

なぜって、いつになっても
満足できないなら、人生は
あまりにも短すぎるから。

⇒老子の言葉・名言(最上の徳とは)
⇒老子の言葉・名言(現代社会の奢りの原因)
⇒老子の言葉・名言(禍福はあざなえる縄のごとし)
⇒老子の言葉・名言(王者たるものは)
⇒老子の言葉・名言(つつましくある)
⇒老子の言葉・名言(大きな者こそへりくだる)
⇒老子の言葉・名言(小魚を煮るように)
⇒老子の言葉・名言(驕れる者久しからず)
⇒老子の言葉・名言(根っこのようにどっしりと)
⇒老子の言葉・名言(本性を取り戻せ)
⇒老子の言葉・名言(理想のリーダー像)
⇒老子の言葉・名言(何事も“今と、ここ”)
⇒老子の言葉・名言(知っている者は話さない)
⇒老子の言葉・名言(天の綱はすべてお見通し)
⇒老子の言葉・名言(足るを知る)
⇒老子の言葉・名言(本当に偉大なものとは)
⇒老子の言葉・名言(常識の裏に真実がある)
⇒老子の言葉・名言 (頭ではなく心で感じる)
⇒老子の言葉・名言(能ある鷹は爪を隠すように)
⇒老子の言葉・名言(手柄を見せつけない)
⇒老子の言葉・名言(やるだけやったら)
⇒老子の言葉・名言(すべてを活かして使う)
⇒老子の言葉・名言(本当に賢い人とは)
⇒老子の言葉・名言(誰とも争わない)
⇒老子の言葉・名言(知識を増やしてはいけない)
⇒老子の言葉・名言(無理してはいけない)
⇒老子の言葉・名言(赤子のように自然に)
⇒老子の言葉・名言(マイナスがプラスとなる)
⇒老子の言葉・名言(気にしない気にしない)
⇒老子の言葉・名言(人に怨みを抱かせないように)
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

    カテゴリー

  五十音別 ことわざ

ページ上部へ戻る
QLOOKアクセス解析