名言・格言・言葉の宝石箱

昨日を越え、明日を掴み、今日を生きるあなたへ

ロバート・フロストの名言集

ロバート・フロストの名言集

 


家とは、あなたが帰らなければならない時に、受け入れてくれる場所である。


気持ちに余裕を持って仕事をやれば自由になれる。


馬は死ぬ前に売ってしまうことだ。人生のコツは、損失を次の人に回すことだ。


社交家とは、女性の誕生日はいつも覚えていながら、彼女の年齢を忘れてしまう人のことだ。


愛というのは抑えきれない欲望を抱かれたいという、抑えきれない欲望。


教育とは、立腹したり自信を喪失したりせずにほとんどすべてのことに耳を傾けられる力のことだ。


脳は不思議な器官だ。朝起きた瞬間に働きはじめ、オフィスに着くまで活動をやめない。


黄色い森の中で道が二つに分かれていた 残念だが両方の道を進むわけにはいかない 一人で旅する私は、長い間そこにたたずみ 一方の道の先をできるだけ遠くまで眺めた その先は折れ、草むらの中に消えている。


世の中はやる気のある人間でいっぱいだ。喜んで働く者がいれば、喜んで働かせる者もいる。


母親は子供を男に育て上げるのに20年かかるというのに、他の女性は20分で男をバカにしてしまう。


人生で学んだすべてを私は3語にまとめられる。それは「何があっても人生には続きがある」ということだ。


料理ができるくせにやらない妻よりも忌々しいものがひとつある。それは料理ができないくせに料理する妻である。


人付き合いがうまいというのは、人を許せるということだ。


幸福とは長さの不足を高さであがなうもの。


私たちがあるものを愛するのは、それがそのものだからである。


愛すべきものを愛し、憎むべきものを憎みなさい。この違いを見分けるには、頭が必要になる。


銀行とは、天気のよいときに傘を貸し、雨が降り出すと返せという所である。


詩は、喉元の腫物としてはじまる。それはあべこべで、懐郷的な、恋わずらいの感情。


作者の目に涙なければ、読者の目に涙なし。作者に驚きなければ、読者に驚きなし。


仕事とキャリアの違いは、週に40時間働くか60時間働くかの違いである。

Return Top