アン・モロー・リンドバーグの名言と感想

photo-didier-baertschiger-n-101

スポンサードリンク

 

アン・モロー・リンドバーグ

自分が完全に熱中することを
許せば、つまり、過ぎていく
瞬間に完全に身をゆだねれば
その瞬間をより豊かに生きる
ことができる

If you let yourself be absorbed completely,if you surrender completely
to the moments as they pass,you live those moments more richly.

プロフィールを読む

●感想●

なにげなく時間を過ごすことは
悪いことではないし、むしろ
好きな時間の使い方である。

スポンサードリンク

けれども誰にでも体験があるかも
しれないことに、「時間の長短」が
感情に大きく左右されてしまうもの
だということがあるわけで、これを
有効活用しない手はない。

人に待たされるときの1分は1時間
にも感じることがあるし、二度寝を
するときの1時間は1分にも満たな
いほどの短さに感じる。

これはどういうことだろう。

これを利用しない手はない。

長寿社会といって長生きすることが
人として最良最高の生き方のように
称賛されがちだけれど、本当のとこ
ろはそんなものじゃないことは、
口にせずとも大方みんなわかりかけ
ている。

 

スポンサードリンク

人生の醍醐味は長く生きることじゃ
なく、どの瞬間をスライスしても
楽しい時間ばかりだったということに
落ち着くのじゃないだろうか。

病院のベッドで人生の半分を過ごさ
ざるを得なかった人が80歳で天国
へ召されたとする。

一方で、人生わずか50年の歳月
しか生きられなかったけれども、
一日として病院のベッドに眠ること
なく、たくさんの動植物を愛し、
多くの人と楽しい時を持ち、幸せ
いっぱい夢いっぱいで天国へ旅立つ
その寸前まで元気でいた人の人生に
対し、50年という人生の短さだけ
を取り上げて「残念な人生でした」
ということが、どれだけ真実を
伝えていないかを考えて欲しい。

人生にあるのは長短じゃなく、
いかに堪能したか、それでいい。

by ザーゼン

Amazonで探す関連書籍

⇒リンドバーグのほかの名言も読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

    カテゴリー

  五十音別 ことわざ

ページ上部へ戻る
QLOOKアクセス解析