パスカル名言集 パート2

2015-02-26_134610

スポンサードリンク

ブレーズ・パスカル

1623年~1662年 享年39歳
フランスの哲学者、自然哲学者
思想家、数学者、キリスト教神学者
さらなる人物紹介を読む。

~ パスカル名言 ~

クレオパトラの鼻、
それがもう少し低かったら、
大地の全表面は変わっていた
であろう。

 

人間は、神と悪魔との間に
浮遊する。

 

いちばん小さい物を軽蔑し、
いちばん大きい事物を信じ
ない人間から何がえられ
ようか。

 

ひとつの事柄について
すべてを知るよりも、
すべての事柄についてなんら
かのことを知るほうが、
ずっとよい。

 

世論はいわば世界の女王
であるが、力は世界の暴君
である。

スポンサードリンク

 

人間は偽装と虚偽と偽善に
ほかならない、自分自身に
おいても、また他人に対し
ても。

 

人間は考えるために生まれ
ている。ゆえに人間は、
ひとときも考えないでは
いられない。

 

判断の道徳とは、基準を
持たない精神の道徳を軽蔑
する。というのは、精神に
科学が属しているように、
判断には感情が属している
からである。

 

心情は理性の知らないところ
の、それ自身の道理を持って
いる。
 
スポンサードリンク
悲しみは知識である。
多く知るものは恐ろしき真実
を深く嘆かざるをえない。
知識の木は生命の木ではない
から。

 

死は、その危険なしにそれを
考えるよりも、それを考えず
に受けたほうが、より容易で
ある。

 

ページ:

1

2 3
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

    カテゴリー

  五十音別 ことわざ

ページ上部へ戻る
QLOOKアクセス解析