ブレーズ・パスカルの名言と感想

14441758628_e2dfa4fbb1_z

スポンサードリンク

 

ブレーズ・パスカル

ひとつの事柄についてすべて
を知るより、すべての事柄に
ついて何らかのことを知る
ほうが、ずっとよい。

人物紹介 ウィキペディア

【感想】

専門○○という言葉がある。

何かのプロであることは素敵な
ことではあるけれど、魅力的かと
言われればYESとは言えない。

スポンサードリンク

全てを知っていてそれを選択した
というのならそこに醍醐味も価値も
見いだせるけれど、それしか知ろう
としなかったがための専門家という
人も世の中には少なからずいるから
である。

道を究める(きわめる)というと
響きはいいが、見方を変えれば、
極めなかった道だらけということ
にもなる。

それでも何者にもならなかった、
あるいはなれなかった人よりはいい
じゃないかという声も聞こえる。

確かにひとつの道を究めるという
ことは素晴らしいことであるし、
尊敬に値するし、文明を支えてきた
のはそういう人々の努力であること
もまたわかってはいる。

けれども、なぜもっと違う分野に
興味がわかなかったのかなという
実に素朴な疑問に包まれる。

その道のプロであることにだけに
固執し、もしその人が歴史や文化や
地球創世記の話にまったく興味を
示さないとしたら、ずいぶんと退屈
な相手になってしまう。

 

スポンサードリンク

最後は好みの問題に落ち着くことかも
しれないけれど、パスカルのように、
何かしか知ろうとしない人よりも、
多くのことを知ろうとする人のほうが
話していて単純に楽しい。

野球以外の話ができない相手と生きる
には、人生はあまりに魅力に満ちて
いるから。

by ザーゼン


Amazonで探す関連書籍

⇒パスカル名言集を読む

⇒偉人・賢人たちの名言集を読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

    カテゴリー

  五十音別 ことわざ

ページ上部へ戻る
QLOOKアクセス解析