野上弥生子の名言(結婚編)

2014-12-07_152735

スポンサードリンク

平和な仲のよい夫婦ほどお互
いに難しい努力をしあってい
るのだ、と云うことを見のが
してはならない。

野上弥生子(のがみやえこ)
出典『若い友へ』

Amazonで探す関連書籍

人物紹介を読む

【意味】

しっかりした絆を築くのは簡単な
ことではない。

忍耐、寛容、思いやりの心など、
人にはわからない努力をしてこそ
得られる仲なのだ。

スポンサードリンク

【感想】

うまくいっているのではなく
うまくいくように努力をして
いる。

そういうのが正しいのかもしれ
ない。

生まれも育ちも名前も好みも
なにもかも異なる赤の他人同士
がうまくいくほうが不自然なの
である。

スポンサードリンク

なのに本人同士、仲睦まじく
楽しく、信頼しあって生きている
のだとしたら、それは途轍もない
努力が散りばめられた結果、織り
なされたこの世に二つとない絨毯
なのだ。

⇒他の結婚に関する名言に戻る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

    カテゴリー

  五十音別 ことわざ

ページ上部へ戻る
QLOOKアクセス解析